This is Love-きっとここから愛なんだ-

SMAPとV6が好きな社会人の備忘録

V6があまり歌っていない曲でセトリを組んだら

CDを再収納しながら6/6のV6の日に某テレビ誌で「カップリングだけのライブとかいいよね!」的な話をしていたのを思い出したので、発売されたV6名義のすべての楽曲とそれぞれのライブでの歌われ度合いをまとめ『あまり歌われていない曲でセトリを組んでみよう!』という自己満企画です。

 

今年で3年目の「夏休み はてブ自由研究」。過去のものはこちら⤵︎⤵︎⤵︎

2016年→会報のあれやこれや。 - This is Love-きっとここから愛なんだ-

2017年→後追いでファンになった時の円盤類の集め方 - This is Love-きっとここから愛なんだ-

 

 

◆今回対象となるV6(トニカミ&ソロ曲含む)の楽曲リスト

①シングル、アルバム、トニカミ、ソロ曲&ユニット曲別で上からリリース順

②多数のアルバムに収録されているものは1番古いものが優先

③アルバムに収録されたシングル曲は、シングルで掲載

④アレンジ違いは割愛

ここまで来てやばいものに手を出してしまった感がすごい。

 

◆シングル124曲

f:id:mari52smaV:20180706184230j:plain

 

◆アルバム98曲(ミニアルバム、ベスト・アルバム、DVDシングル+特典を含む)

f:id:mari52smaV:20180716182433j:plain

 

 ◆おまけ① 20thCentury52曲 ComingCentury46曲 

f:id:mari52smaV:20180716182501j:plain

 

◆おまけ② ソロ(別名義も含む)36曲&グープ内ユニット17曲 

f:id:mari52smaV:20180706184604j:plain

V6は今現在 373曲の持ち歌が円盤化されているということになる。

 

 ◆歴代コンサートでの披露曲一覧

①イベントやカウコンは対象外

②V6のコンサートのみ(色付きは持ち歌じゃないもの。トニカミはまた別の機会で)

③一番披露曲が多い日(最終日)を中心に集計

※1 円盤化されてないライブはネット検索とキーワード検索 | ライブ・セットリスト情報サービス【 LiveFans (ライブファンズ) 】を参照、抜けがある可能性有

f:id:mari52smaV:20180715132616j:plainf:id:mari52smaV:20180715132630j:plainf:id:mari52smaV:20180706190027j:plainf:id:mari52smaV:20180715132800j:plain

f:id:mari52smaV:20180715132831j:plainf:id:mari52smaV:20180715132856j:plainf:id:mari52smaV:20180715132951j:plain

これだけ見ててもなんのこっちゃって話だと思うので、次!(統計取るためにはExcelにまとめた方が便利だったのよ。)

 

◆ツアーで歌われた回数が多い曲ランキング

上位3曲には色を付けています。

<シングル編> 

f:id:mari52smaV:20180715133125j:plain

さすがはデビュー曲最多の37回。そして、「MADE IN JAPAN」を上回る「愛なんだ」コンサートでの定番曲ってありますもんね。盛り上がるもんね。

 

<アルバム編>

f:id:mari52smaV:20180716182535j:plain

1stアルバムより「逃亡者ーFUGITIVE-」が13回で1位にランクイン!最近の曲である「サンキュー・ミュージック」が11位と大健闘。最近のアルバムの曲は、そのツアーでしか披露されない傾向がありますが、個人的にはアルバムの曲って好きなので、たくさん披露してほしい。。。。

 

<おまけ トニカミ編>

 ※トニカミコンでの披露はカウント外。V6のコンサートの披露回数です。

f:id:mari52smaV:20180716182857j:plain

今では、トニセンの方が持ち歌多いのに、コンサートでの披露曲数は大差ないという。(最初の頃はカミセンの持ち歌が多かったから仕方ないけど)トニセンは先輩方の曲をよく歌っていたという印象があって、セトリみても実際そうなんだけれども。

トニセンは「GOAL」が1位。カミセンは「Theme of ComingCentury」が安定の1位!

 

 ◆惜しくもあまり歌われていない曲リスト

※同じ曲のアレンジ違いは割愛しました。

f:id:mari52smaV:20180715140430j:plain

 まあシングルは仕方ないとして、アルバムにも未披露曲があるのは驚き。トニカミは完全におまけで載せました。

 

◆「#V6があまり歌っていない曲でセトリを組んだら」

さて、上記の『未披露曲リスト』より、通常のコンサートと同じように30曲前後でセトリを組んでみました。(異論は認める)

「トニコンで歌われてます!」「カミコンでめっちゃ歌ってましたよ!」とかあるでしょう。(本当はそちらの統計まで載せようとしたけど、諦めました。)

f:id:mari52smaV:20180715170417j:image

f:id:mari52smaV:20180715162517j:plain

みなさんの意見も知りたい!ので、「 #V6があまり歌っていない曲でセトリを組んだら 」で、ぜひ妄想セトリを考えて頂きたい。(未披露曲+披露回数1回の曲で作っていただければと思います!)楽曲リストとセトリ表はご自由にお使い下さい。私はiPodで妄想セトリを組んできめました!笑

Twitterのリプ欄にセトリ表は貼っておくので、そちらもご活用ください。(需要があるか分かんないですが。)

 

個人的には、未披露曲ライブに加えて、井ノ原くんが作詞・作曲をする「いのっちBest」みたいなの作って欲しい。。

 

円盤の収納について考える

収納用の棚を買ったまでは良かったが、新曲・コンサートの円盤であっという間に棚が埋まってしまったので、今回は溜まりに溜まったダビングした円盤の保管方法と購入した円盤の再収納について、書いていこうと思う。

 

その1、ダビングしたDVD・Blu-rayについて。

コツコツとダビング→ラベリングという作業を繰り返し、やっと終わりが見えてきたところだ。

 

そもそもこのラベリングの作成に挑むことを決断したのは、我が家にCanonのプリンターがやってきたからである。

その名も「Canon PIXUS MP980」

f:id:mari52smaV:20180120003021j:image

相当使い込んだ感じに見えるがそれもそのはず、これは、昨年末に祖父母の家の大掃除をした際に我が家に来た戦利品である。

型は古いのだが、シンプルなラベルを印刷する分には何も困らないのでとても重宝している。

 

背景の色や画像をを選び、文字を入れるだけで、簡単なラベルは作ることが出る。

f:id:mari52smaV:20180124211221j:image

OneDishもこの通り。

DVDもBlu-rayもラベリングしてから100均の10枚入るケースに収納している。

本当は画像を取り込んで手の込んだことをやりたかったが、めんどくささが勝ってしまった←

「続けられるやり方が大事」ということで、文字だけをラベリングしている。

コンセプトは「何が入ってるか円盤を見れば分かるようにする」ということ。

OneDishは散策している地名、音楽番組はタイトルと日付、WSは何についてかを円盤そのものに書き込むことによって、「これなにダビングしたやつだっけ??」ということにならないようにした。

こまめにラベリングする必要があるが、そんな余裕がない時は、紙を挟んで後でわかるようにしている。サボると自分が大変なので、月一くらいでラベル作りをするのが目標。

 

 

その2、円盤の省スペース化を考える

ついにタワレコさんでこれを買いました。

f:id:mari52smaV:20180630094832j:image

増え続ける円盤、「いつか手放す時が来るのか??」と考えた時に、「もう今更手放すこともないな」という結論に至った。手放す時が来るならば、ケースから帯から全て綺麗に保管していくのが1番だが、まだまだ増え続けるであろう円盤のことを考えると、今後も売らないであろう私にとっては、省スペース化に勝るものはなかったのである。V6とSMAPに関しては、今後担降りする予定はないし、その時に売れるものでもないと思っているので、思い切ってケースを移し替えることにした。

 

KOKUYOさんから出ているメディアパスと、このタワレコさんから出てるスマートケースの2択でものすごく迷ったのだが、様々なレビューを読み、大差ないことが分かったので、「同じもので統一したい」という理由で、タワレコさんのスマートケースに決定。(以下リンクに詳細あり)

MEDIA PASS[メディアパス] -コクヨ ステーショナリー

CDを圧縮収納!保管スペースが1/4になるタワレコスマートケース(CD/DVD/ブルーレイ) - TOWER RECORDS ONLINE

 

いきなりV6に手をつけると大変なので、まずは映画コーナーから。

これが

f:id:mari52smaV:20180630095051j:image

こうなる。

f:id:mari52smaV:20180630102008j:image

横にCDが置けるようになった。CDも入れ替えればより余裕が生まれるであろう。

これが

f:id:mari52smaV:20180630100502j:image

こうなる

f:id:mari52smaV:20180630100509j:image

 

2枚組だとこんな感じ。

f:id:mari52smaV:20180630101751j:imagef:id:mari52smaV:20180630101803j:image

 

3枚組のDVDや、デジパック仕様、ドラマや映画のDVDBOX、Blu-rayBOX、Blu-rayはそのまま取って置き、あとはすべてタワレコさんのスマートケース時間を見つけてコツコツと移行したい(CDが絶対時間がかかる。)。完全に移行したら、多分棚が半分くらい空くはず、、。

 

映画のDVDだけ移した感想としては、円盤を取り出しやすくなったのはとても良い点。(真ん中押すのが苦手な人)まぁ若干の探しづらさと、レビューにもあったようにCDの2枚組だとジャケットがほぼ見えないという若干難点はあるが、省スペース化という面では100点満点である。

まぁ、迷ったらケースだけダンボールに入れとくとかすれば、なんかあった時はまた戻せるので良いかと。

 

私の場合は、扉付きの収納棚のおかげでケースが日光に当たることがないので、日焼けによる劣化はなさそう。でも、プラスチックケースに比べてそこの強度はどうしても落ちると思うので、自分の部屋の円盤置き場に応じて考えた方が良いかもしれない。あと怖いのは、ホコリ。CDに関しては、PCに取り込んでいて本当に保管のみになるなら、透明OPP袋にスマートケースを入れるのも一つの手かもしれない。手間は増えるけども。

 

ヲタクたるもの、常にスペースとの戦いだなぁと痛感していたが、また首の皮が繋がったので、万事休す。ダビングした円盤もここに収納できそうで良かった。

スペースに困ってるみなさん、勇気がいる決断ではありますが、スッキリするのでオススメです!

 

 

 

 

 

 

 

 

滝沢歌舞伎に初めて行って来た話

2018年4月15日、初めて滝沢歌舞伎に馳せ参じてきました。今更ですが下書き供養で載せます←

f:id:mari52smaV:20180627233449j:image

色んなことを考えている間にFC枠の申し込み期間が過ぎ、FC枠で申し込まずにクレカ枠で行くという荒業に出た訳ですが、お弁当付きのA席はとても良かったです。A席限定のお弁当もついてお値段据え置き6500円!しかも1日10席程度(私が行った日はお弁当が10個だった。)なかなかのプレミア感。

f:id:mari52smaV:20180419000721j:image

 

ステフォはまだ出てなくて、なにか記念に、、と手ぬぐいを買いました。

f:id:mari52smaV:20180627232945j:image

 

 

いや、すごいとは聞いてたし、2016年も2017年も立て続けに外し続けてて、念願の滝沢歌舞伎だったわけですが。「ジャニーズのエンタメ」って感じが凄くてですね。これは完全に、強火坂本担PLAYZONE信者である私の色眼鏡かもしれませんが。所々に感じるPLAYZONE要素というか。見せる(魅せる)演出がすごいし、映像とか、仕掛けとか、そういうのがすごいのよ。

 

今回はこの一回にかけていたので、双眼鏡フル装備でずっと三宅さんをメインで追い続けてたんですが、みなさんの捌ける時の素早さとステージ転換の速さにただただ圧倒されました。

歌あり、トークあり、ダンスあり、歌舞伎あり。セグウェイには乗るは、フライングはするわ、舞台は回転するわ。ジャニーズエンターテインメントってすごいですよ本当に。

 

私が見た日は、鼠小僧次郎吉の幕で、健くんのホースからの水の出が悪くてですね、めっちゃのぞき込んでて、顔に水かかったらどうしようかとヒヤヒヤしてました。(なんの親心)

何はともあれ、本当に充実した時間でした。

 

後、Jr.の皆様の舞台にかける情熱もひしひしと感じました。Jr.担と呼ばれる方々がこれほどにも熱意を持って現場に足を運ぶ理由が少しわかった気がします。

自分に与えられた役回りを一生懸命にこなし、主役を食うわけでもなく、あくまでもバックとして支える献身的な姿と、自分たちがメインの時のギラギラ感。何年もJr.をやっている彼らだからこそ、できる技だと感じました。

 

自担以外のものは極力買わないと決めているんですが、Ken☆TuckyのCDは全形態予約したので、発売日が楽しみです。

 

個人的にも、浮世艶姿桜と蒼き日々が生で聴けたのと、MASKダンスがカッコ良すぎて、大満足な1日でした!衣装もかっこよくて、、、。セグウェイの演出も噂には聞いていたけど、生で見ると圧巻でした。

 

御園座もあと5公演。健くん、滝沢くん、Jr.の皆様、最後まで怪我なく舞台が終えれますように!

 

アイドル結婚論

ぷらいべったーに載せてたものの、加筆修正版。

アイドルの結婚に関する自論。賛同してほしいわけではない。否定もあると思う。『だって人間だもの。』(相田みつを)

結婚した人達を許さないとかそういう話じゃなくて、私のモヤモヤした心情の話。

 

 

○はじめに

ついに、推しがいるグループの4/6が結婚した。これは紛れもない事実だ。

結婚報道が出る度に、「独身貴族を貫きそうな坂本くんに担降りします!」とか「坂本くんはまだ結婚しないのかなぁ?!」とか「坂本くん大丈夫??」みたいな話をするのは勘弁していただきたい。毎回『ちょっと黙って??』ってなる。ほっといてくれ。ネタの引き合いに出すな。

話を元戻して最初に未婚の2人の話をすると、‪坂本くんは最後まで結婚しなさそう。と思う反面、もはや「実は事実婚状態の彼女がいます。」とか言われても、なんかもう驚かない気がする私。‬多分ないけど。

健くんは「40までは結婚しない」って言ってるから、40過ぎたらするんじゃないかな。わかんないけど。でもあれだけ色んなことに雑誌で答えてて、「結婚します」も割とハードモードな気もするし。

先のことは分からないけど、25周年までにみんな結婚しそうだよなぁ。とは少し思ってる。

 

 

○アイドルは結婚してはいけないのか

私は、推しに結婚して欲しくないわけではないけど、したらしたで寂しい気持ちにはなるだろうなって思ってる。
ここまで「結婚しないアイドル坂本昌行」を貫いてきた彼だから、結婚する時は、「アイドルをやめる時」だと私は勝手に思っている。(ただの憶測だけど)

素直におめでとうって言えんのかなぁ。すぐには言えない気がするなぁ。相手次第かなぁ。(何様って感じだけど)

2次元のキャラじゃないから、熱愛報道もでるし、結婚もする。それはわかった上で応援してる。だって、めちゃくちゃ魅力的な人達だもの。だから芸能界でアイドルとして活躍してるんだと思うし。でも、彼らがライブやテレビで放つ甘い言葉が、結婚したことにより、一気に薄っぺらく感じてしまうのもまた事実。そもそもリップサービスだってのも分かってるけど、夢見に来てる時に現実がチラつくのはしんどい。

別に、彼女になれるなんて思ってないし、お近づきになれるなんて思ってない。こっちが勝手に好きで応援してるんだってのも分かってる。

でも、ファンサだったり発言が、ただの台詞みたいになるのはなんか違う気もする。まぁ、そもそも既婚組が「愛してるよー」なんてファンサをしてた記憶もあんまりないけど(ないのかよ)、彼らがファンに向けて発する言葉は勘違いしちゃうくらい優しいし、アイドルなの。「みんな俺の彼女ー」(cv.坂本昌行)とか言っちゃうから。まぁ、「そもそもファンサに何求めてんだ、あんなのリップサービスだろ」ってなるんだけど。結論やっぱり、アイドル足るもの夢売る商売なんだから、いきなり現実をチラつかされるのは私が受け付けないだけなのかもしれない。

むしろそれなら、結婚を視野に入れ始めた頃から「お前らは俺にとって家賃だから!光熱費だから!携帯代だから!みんなが金の源だから!!」(cv.中居正広)くらいのことを言っててほしい。

話を戻すが、だからこそ、往年の男性アイドルが早い段階にアイドルの引退を選んできたんだと思う。でも、近年はデビューする年齢も遅い上に、長い期間活動をしてくれている。そこがそもそも変わってきた。

48系のグループが恋愛禁止なことに対し、なんでジャニはそれほど言われないのだろうか。それは彼らが男だから、結婚してもアイドル業で仕事をして稼ぐことを当たり前と見られているからなのだろうか。まぁ、そもそも48系は「解散」の概念がないから、個人の思いで抜けてくことが出来るんだけども。あの中で40過ぎてもアイドルを全うしてる女性は多分いないし、昔の女性アイドルもそうだと思う。それは何故なのか考えてみてほしい。今のご時世、男女問わず結婚してもずっとアイドルでいることが許されるか、許されないかって言ったら、圧倒的に後者が多いと思う。それは、やはり現実がチラつくのはアイドルとしては致命傷なのだろう。

 

 

○結婚と活動の縮小の関係性

担降り騒動とかがあるくらいだ。そりゃ離れてくファンもいるだろう。そして、ファンが減ることがどれくらい大変なことなのかを、きっとメンバーはわかってるはずだ。会社が総力上げて若手を売り出してる今、デビュー組は自力で仕事を取りにいかないと、 オファーだけではどんどん露出は減ると思う。

それこそ、自力で仕事のオーディション受けるとか、なんか自分の頑張ってることで仕事を繋いでいかないといけない。でも、個々の仕事ばかり増やしてもグループの活動は増えない。(増えてもドラマの主題歌くらいか。)

ある程度の集客率が見込めないと、ツアーもやらせてもらえないと思うし(若手の方がたくさん人が来るなら余計に)、売上が落ちれば円盤のリリース枚数だって減る。そういうもんだと思う。会社がYouTubeとか色んなものを使って、若手を売り出そうとしてる中で、会社のお金には限りがある。切るなら売れてない人達だってのは、それはどの会社でも同じで、アイドルだから特別扱いされる訳でもない。
それに、芸歴が上がるにつれてギャラも上がる。高いギャラ払って割に合わないなら、安いギャラで採算とれる方にするでしょ。

別に彼らが売れてないって言うわけじゃなくて。6人揃ったレギュラーもない、ライブも2年おき、シングルだって今度の9係ででるかどうか。不安は募る。「愛なんだ」の特番だって「学校へ行こう!」時代からの細々と繋ぎとめた仕事だし、今後は今回の視聴と反響次第だろう。

だから、私は一縷の望みをかけて、円盤買ったりCD買ったり、雑誌を買ったりして公式にお金を落とし続けるのだけど。少しでも長く推しがアイドルでグループのメンバーでいれるように。でも、アイドルであることを求めることが、彼らにとって負担になってるのではないか。と思うこともある。

だから正直、「グループでの活動が全く無いのにグループで居続けるか」「個人の活動にシフトするか」ってなった時に、彼らはどっちを選ぶんだろうか。ってのは最近よく考えるし、諸々そういうのを踏まえた上で、結婚のタイミングとかを決めるんだと思う。ってなると、そろそろ後輩に座を譲ろうかな??って話が少なからず出てるのかなぁって勘ぐってしまう。

ジャニのグループと他と違うところは、「アイドルであること。」と「若手が控えてること。」だ。彼らが仮に、エイベさん所属のアーティストであれば、こんなことは考えない。でも、彼らはあの会社でグループでいる以上は、良くも悪くもアイドルなのだ。

ジャニの若手が結婚に踏み込まないのは、結婚した時のリスク(ファン離れ、売上の低下etc)を考えた時に、まだビビる自分がいるからだと思うの。

(昔中居くんが司会の「中居のかけ算」で、城島くんと坂本くんと中居くんの対談で結婚の話になった時に。「自分に自信が無い。仕事面で見ても、、、」って言ってた坂本くんを思い出すのだけど。)

でもそれが、ファンといろんな関係性を築いてきて、キャリアも積んで来て自信を持って、その上で結婚するってのを決めるのは、それなりの覚悟を持って決めてるんだと思うし、その判断を否定するつもりは無い。

でも、ファンだってみんな同じ方向を向いてるわけじゃないから、離れてるファンもいれば、ずっと応援してくれるファンもいるとは思う。その二極化は仕方がないことだし、否定することでもないとおもうのよね。

 

○アイドルのファンを続けるための覚悟
個人的には、ある程度腹をくくって決めてくれたなら、それは応援したい気持ちはある。すぐに切り替えてってのは難しいかもだけど。

そうやって考えると、これから先も彼らを応援していくためには、ある程度の最悪の未来を想定して生きていくしかないのかな。そうすれば、最後の最後が来た時に、快く送り出してあげることができるのだろうか。。
「アイドルは虚像だから、いつかは解散するし、いなくなってしまう」ってどこかで割り切るしかないのかな。

35過ぎたらどのグループもマジで覚悟を決めた方が、のちのちの自分が楽だと思う。これだけ言ってても、私は坂本くんが結婚したら、感情が行方不明になるとは思うし。

正直、彼らに関しては、25周年がターニングポイントたと思う。私のもう1人の推しが超えられなかったグループ25周年の壁は(この話すると、またかよって思う人も多いと思うけど。)、みんなが思ってる以上にハードルが高いものだと、私は感じてる。だからこそ、ここ数年の連続での結婚報道ほど怖いものはないし、毎回びくびくしてる。

だってもう1人の推しは、他のメンバーが結婚したわけでも、アイドル活動になんか変な空気が流れてた訳でもないのに、25周年迎えられなかったんだから。(一緒にすんなって言われるとそれまでだけど。これば個人的な主観です。)

「メンバーが仲良いから解散しない」なんていうことは無い。これは断言する。終わりは唐突に訪れる。そして、こちらの力ではどうにも出来ないから。ただただ受け入れるしかない。

それに「解散しなかったからと言って今まで通りにグループの仕事があるとも限らない」。

正直ONESコンの初回Aのドキュメントで彼らが話した言葉が、私の中で結構きてる。私が荒んだ解釈をしてるだけかもだけど。(ネタバレになるから内容は控えるけど)

結婚するなとは言わない。みんな年齢も年齢だし、それぞれ幸せになってほしいとも思う。(もちろん、結婚が幸せの全てだとは思ってないし、仮に結婚したとしてもアイドル活動に徹するなら私生活は見せないのが吉だとは思うけど)
でも、もし最悪の事態をやそれに類するものを視野に入れてるなら、その発端がなんであれ、そろそろ個人の発言じゃなくて、グループの方針を示して欲しい。いきなり目の前から大好きなグループが消えるのは、もう体験したくない。あの思いは1度で十分だ。

また逆に、6人全員結婚しても既婚者アイドルとして続ける気でいるなら、その思いをちゃんと発信してほしい。それだけで、少しは安心できるから。一層のこと、「みんな認めてくれるなら全員がパパになってもアイドルやるよ?」とかでもいいよ。(それを会社が認めてくれるかは分からないけども)

 

 

○最後に
もちろん、結婚は「おめでたい」と思ってるし、祝福の気持ちを持ってます。
結婚された皆様、おめでとうございます。末永くお幸せに。

今までいろんなことを我慢しきたと思うし、貴方たちが幸せならそれで良いです。貴方たちのことが嫌いな訳では無い。アイドルであろうがなかろうがV6のことは大好きだし、だからこそこのままでいて欲しい気持ちが強くなってしまう。

もちろん、結婚が全ての元凶に繋がると思ってるわけではないけど、ただ今は、ここ数年の連続した結婚報告に、不安な気持ちの方が優ってしまうことを、許して欲しい。

髑髏城に行ってきた話

f:id:mari52smaV:20180123172617j:image

行ってきました!IHI STAGE AROUND TOKYO

見てきました、『髑髏城の七人 season月 上弦の月

圧巻の舞台、これぞエンターテイメント。すごい、、、なんて言うかほんとアトラクションだった。。

 

前々から興味があった劇団☆新感線いのうえひでのりさんの演出。森田さんが出ていた『IZO』と『鉈切り丸』はFC入会前且つ学生という金銭との無さにより泣く泣く見送り、生田くんが出ていた『Vamp Bamboo Burn~ヴァン!バン!バーン!~』はチケット争奪戦に負け、花鳥風月と続いている髑髏城で、やっとこさこの上弦の月のチケットを手にして行ってきたのである。

 

客席が動くし、巨大スクリーンはあるし、舞台転換が斬新だし、とてもエンターテイメントだったし、アトラクションだった。個人的に「ああいう舞台とか演出ってジャニが先にやりそう。」って思ってたのでド肝を抜かれました。

 最後のカーテンコールで泣いてたのは私です。

 

渡辺いっけいさんを始めとするベテラン勢はもちろん、若手がキラキラしていました。三浦翔平くんと須賀健太くんと福士蒼汰くんを目当てに上弦の月をえらんだのですが、いやーキラキラしてた、、、。福士くんってほんと楽しそうに演じるよね。。

 

須賀くんの兵庫がとても良くてですね。今までの兵庫さんって結構ガタイのでかい人がやってた気がしてて。須賀くんの演じる兵庫はとってもチャーミングでした。飛ぶは跳ねるわ。跳躍すごいよあの人、、、。可愛い、、、。兵庫さん可愛い、、、。

 

捨之介と贋鉄斎のシーンで、捨之介がちょこちょこ笑いをこらえきれてなくて、ふふふってなってた私←

「君はそういうことはやるタイプじゃないと思っていたんだがな、、!」(ニュアンス)って贋鉄斎に言われてて、アドリブ最高だよほんと!

 

あと、個人的に好きなのが、渡京。すごく人間味のあるキャラクターだよなぁって。コメディーの部分は大半が渡京だったし、ほんとさ、どうしようもない奴なんだけど憎めない感じ、、結構好き。

 

天魔王の早乙女太一さんが、ただただ美しかったんだけども、、、、!所作っていうの、あのなんか立ち振る舞いから何から美しかった、、、。

 

無界屋蘭兵衛の三浦翔平さんも美しかった。なんだあの儚そうな姿、、。

 

霧丸の平間さんは、RENTのエンジェルやってた方で、とても気になっていて。月公演だけ、沙霧からの霧丸なんだーっておもってたんだけど、個人的には霧丸ありーーー!って感じでした(。•ᴗ•。)♡

 

 

もともと演劇とかミュージカルも好きなのでいろんなものを見に行くんだけども、久しぶりに「原作がすきで!」とか「推しが出ているので!」とかじゃなくて、「観てみたい!!」って思ってとったチケットだったので、大収穫だった。

 

実は月を見に行った日が修羅天魔の一般販売の日で、チケット争奪戦に負けて落ち込んでたんですが、修羅天魔のチケットも譲っていただけることになり、初日に見に行けることが決まりました(*´︶`*)ฅ♡

また楽しみが増えました˚‧·(´ฅωฅ`)‧º·

 

個人的に見に行けなかった小栗くんの捨之介が気になってるので、花の円盤か2011年の円盤かどっちかは買いたい、、、。月も買いそうで怖い←

 

 

ミュージカルじゃない演劇で、歌って踊ってるのジャニくらいかと思ってて。劇団☆新感線すごい。歌うし、踊るし、笑いとるし、ほんとエンターテインメントの塊だった。2.5次元に近いかんじあるのかなぁ。(2.5次元見たことないから勝手なイメージだけど)

キャラクターの個性が立ってる。

 

ジャニもいろんな舞台をやってるんですが、どこかに小屋を立ててしまえばいいのでは、、?って思ってしまった。アリーナクラスのライブもそこでやるとか、ジュニア公演やるとかすればよくない??小屋立てるお金ありそうじゃん←

 

IHIはスポンサーがTBSだと、赤坂ACTシアターと同じ扱いかなぁ。いつか、ジャニがあの舞台に立つことがあってもFC先行のチケはなさそうだなぁ。

でも、あの舞台でいつか立ってみて欲しいなぁ、、、。新感線以外の演目ができるのかは謎だけど。

個人的に森田さんの兵庫が見てみたいのですが、需要ないかな、、、?新感線ファンの方からの森田さんの印象ってどんな感じなのだろうか、、、。

 

私の推しもどこかでご縁があればなぁと個人的には思ってるんだけど、その確率は本当に低そうなので心の内に秘めておくね。

 

いやぁ、本当に久しぶりに引き当てた舞台でした(*´︶`*)ฅ♡

 

 

アラサージャニヲタが部屋の片付けをした話

気がついたら12月でした。ちょっと年末はバタバタしておりまして、(その割にはTwitterにはいたんだけど)あっという間に年の瀬ですね、年末といえば大掃除デスネ!!!

 

 

部屋の片付けをしたい。

という願望を抱きつつも、集めた円盤やら雑誌やらを本棚にただ突っ込んできた20年。ジャニヲタ収納術のダグを読みながら、収納について考えるも、『アラサーに片足突っ込んだ今、いつまでもポスターやら団扇やら円盤などが見える部屋でいいのか、、。』と、《見せる収納》ではなく《隠す収納》を目指して、ついに、扉付きの収納棚を買いました。(別に誰かを部屋に呼ぶ訳では無いんだけどねー)

 

どんな部屋だったのか

あまり部屋を晒すのもどうかと思ったのですが、恥を偲んで。ビフォアーの部屋がこちら。6帖の自室です。(壁のポスターや団扇は雑に隠しておくよ。)

ちなみにベッドの奥には、タワレコさんのポスターファイルが1冊立てかけられてます。ミニーちゃんの掛け布団カバーとかいつから使ってんだろこれ。

 f:id:mari52smaV:20171210070958j:image

f:id:mari52smaV:20171210000155j:image

 

 ベッドの下には、3COINSで買った収納ケースを6箱ほど突っ込んでCDを収納してました。一応、シングル、アルバムで箱分け。ヲタクの味方万歳。

 f:id:mari52smaV:20171209223824j:image

 こんな感じに前後3箱置きしてました。

 

ベッド手前の本棚(IKEA 80x28x106cm)には、DVDと雑誌と会報を。上段がV6、中段がSMAP、下段が雑誌と会報、コンサートパンフなど。本棚が足りなくてMUJIのケースで増設されてる。

 f:id:mari52smaV:20171210071459j:image

 

元々映画やミュージカルも好きなので、この他にもハリーポッター全巻、天使にラブソングをハイスクール・ミュージカルレ・ミゼラブル、RENTなどの円盤と、中高大の吹奏楽部の定期演奏会のDVD、PLAYZONEのVHS、昔ローソンで売ってたジャニーズワールドのVHS、録画したDVD/Blu-rayなどが山ほどあります。こちらも3COINSで買った収納ケースに入れて誤魔化していましたが、既に蓋が閉まらなくて数枚床や机上に無造作に積み置きされています。

f:id:mari52smaV:20171209223859j:image

 机の横にあったもう一つの本棚(IKEA 40x28x106cm)には、ドラマの原作本や、舞台の原作、好きな本、舞台や映画のパンフ、吹奏楽の楽譜などが詰め込まれています。

f:id:mari52smaV:20171210071427j:image

 

 一応撮影前に掃除はしたんだけど、もっとすっきりとる落ち着いた部屋にしたい、、、。と一念発起しました。

 

まずは、本棚を買おう

大容量の本棚が必要だ!っていうわけで今回、セシールで「コミックAVストッカー(82×34×180cm)」を諭吉さん3人くらい飛ばして購入。本当はこの上に置ける追加の棚もあったんだけど、いつか引っ越す時に天井の高さがネックになるのは嫌だったので本体のみ購入。

 コミックAVストッカー 通販- セシール(cecile)

 

いざ、収納してみる。

購入したストッカーには、集めた円盤や関連書籍を収納。両開きがジャニーズ系、片開きがコミックとか小説を収納。写真集とか、パンフはサイズの関係で入らないので本棚へ。円盤が全て並べられることへの大歓喜。(扉閉まるから日光で痛まないし、扉閉じちゃえば、ぱっと見ジャニヲタなのわかんなくない?!)

f:id:mari52smaV:20171228092813j:image

f:id:mari52smaV:20171228092816j:image

 ストッカーの高さが180cmがあるので、壁に貼っていたポスターがやばい。SMAPのポスターに関しては、ポスターファイルに入らないから額を買っているので、このまま貼って、V6のものはポスターファイルに移動。

 f:id:mari52smaV:20171228093355j:image

 こんな感じになりました。なかなか良いのでは??もう一つの本棚には、仕事関係のものとか卒アルとか楽譜とかを詰め込んだので、実質趣味のものは1箇所に収まりましたーーー!

雑誌と円盤で埋まってきた本棚もスッキリしました。上の段の3COINSのBOXにはペンライトとか双眼鏡とか、V6くじのグッズのが入っています。MUJIのBOXにはまだ未開封のファイルが入ってるので、しばらくは雑誌の収納に悩まなくて良さそう。(多分)

ベッドの下には未解体の雑誌と、梱包セットを入れました!

雑誌ファイルのラベリングとかダビングした円盤のラベリングはまたの機会に。。

この線対称にベッドと机と小さい本棚を置き、ベッドの周りの団扇も少し片付けて6枚から2枚へ。

 f:id:mari52smaV:20171228140719j:image

 

未来の私へ。「ポスターは買うなよー。特典もポスターじゃないやつを選ぶんだぞー。もう貼るところはないからなー。」

 

72時間ホンネテレビとアイドルのSNS事情

SMAPファン(自担は木村くん)の独り言です。価値観の違いは人それぞれですのであくまでも一つの意見として読んでいただければ幸いです。

 

72時間ホンネテレビ

72時間ぶっ通しで観た訳では無いので解釈の違いがあったらごめんなさい。

ネットテレビというのも新しい取り組みだったし、随時SNSが更新されていくのも新鮮だった。「彼らが自分でSNSを更新している。」ということが信じられない。そんな気持ちだった。

 

私は全部を張り付いて見ていたわけじゃない。でも、SNSで「3人が事務所のことを悪く言った」的なのをみかけて、『いやんな馬鹿な。』って思っていて。私が見ていた中ではそんな場面はなかったように感じたし、むしろ『3人(+森くん)は、SMAPのこと大好きな気持ちは変わんないんだなー』って思ってたので、これも観ている側の人によって受け取り方が違ったのかなぁと個人的には感じている。

 

私がタイムテーブルで気になっていたは、72分本音トーク、堺さんとの対談(年末の5人の食事会についてのあれ)、森くんとの再会、72曲ライブ、の4箇所。

 まぁ、SMAPという名前も、中居くん、木村くんの名前も出せないだろうなぁとは思っていたので、グループの時のエピソードが出たことにちょっと驚いてたんですが、3人はSMAPでいた事を本当に誇りに思ってたんじゃないかなぁって私は感じてて。

年末の焼肉の話も木村くんが行かなかったのか行けなかったのかは、木村くんからの発言がない事には机上の空論なので、私はあんまり気にしてないんだけど。(個人的には仲間はずれにされたとは思ってない)

彼らがアイドル(SMAP)でいたことを、悪く言った場面ってあったんだろうか。「アイドルだってことを言い訳にしちゃいけない。」「ずっとアイドルできたから、それしか知らない。」「これからもアイドルという象徴でいたい。」って彼らの発言はものすごく前向きなものだと感じてた。

 

72分の本音トークで、「3人での思い出」について聞かれてたけど、3人の思い出より、5人での思い出が沢山あるだろうなーって、私はちょっと悲しくなっていたんだけども。「プライベートの事は、実際お互いよく知らない」って言うのも相変わらずだなーって微笑ましく観てました。

 

1番感動したのは、森くんとの再会。また森くんと同じ画面で一緒に話してる場面が映っている事が本当に嬉しかった。これは、AbemaTVだからこその企画だと思うので、レース期間中に撮影を許してくれた現場の皆様にも本当に感謝したい。森くんもまた、SMAPでいたことを良い思い出だと思ってくれてるのが伝わってきたし、森くんは自分の夢を叶えるためにSMAPを辞めたけど、嫌いでやめたわけじゃないのを改めて思ったし、「会いたかったんだよな、みんな」って。

 

72曲ライブも、スマスマのコントでやった曲とか、SLIVEの曲とか、ドラマの主題歌とか。ここで、全く関係ない曲を歌うことだって出来たはずなのに、そうしなかったってのはそういうことなんだと思ってる。

 

私は別に木村くんや中居くんのことを悪く言われた気はしてないし、事務所の事もそんなに貶してるとは思えなかった。そういう見方しか出来ないものかなぁと(余計なお世話だとは思うけど)。今までできなかったSNSに取り組むってのは新しい挑戦だし、「今までできなかった新しいこと」ってのは事実だからその言葉が注目されるのは仕方ないことだし。でも、だからなんだって話なわけで。

 

そんなことより、これだけ多くの俳優さんや芸人さんやYouTuberさんが出てくださったってことに感謝をしたいなぁと。みんな3人のことを応援してくれていて、とても暖かくて、この番組だけじゃなくて、ドラマとかバラエティとかほかのお仕事でも、またお世話になれる日がくるといいなぁと。(なんか日本語おかしいけど)

 

72時間ホンネテレビ。私はとても楽しく見させてもらったし(途中見てないところあるけど)、(普段の○○時間テレビとかも真ん中のグダグダになる所が苦手なのごめんね)、3人の活動と、新しい地図の発展を、NAKAMAの1人として祈っています。

 

アイドルのSNS事情 

3人の活動に唯一不安な点を強いて言うなら、SNS。慣れてないし、100%自分発信だから大丈夫かなーって不安になることも。でもまぁ、初めてだし手探りなんかなって感じがね。

 

ファンも、掲示板の書き込みみたいな気持ちの『見てくれればそれで満足』って人と、コンサートのうちわみたいな『イイネとか返事(ファンサ)が欲しい』って人の2パターンに分かれる気がしてて。

まぁきっと彼らからリプライが来ることはないと思うけど、SNSをプライベートと取るか、そこまでアイドルのお仕事と取るか。今後どういう形にしてくのかは彼ら(あとはファン)次第かなぁと。

 

彼らのSNSスタイルが定まるまでは様子見かなぁと個人的には思っています。

彼らがプライベートの時間もきちんと取れることを祈るばかりです。

 

アイドルがSNSをやることに対して、私はあんまり抵抗はないんだけど、彼らがアイドルとプライベートが分けれるように、今まで通りに場所の詮索はしないとか、ファンが気をつけるべきことは変わらないのかなぁと個人的にな思っています。

※そういう過激な人がいたとか、過激なツイを見たとかそういうわけじゃないです。ただ、今後の活動をどうするかもファンしだいだなぁって思うので。。

 

兎にも角にも、新しい地図がスタートして2ヵ月。まだまだ模索中だとは思うけど、「ファンとアイドルの距離が近い」っていう環境に、こっち側も慣れていかないといけないなぁーって思っています。これからの3人でまた、楽しいことができますよーに!そして、いつの日か全員揃うことがてきますよーに。