This is Love-きっとここから愛なんだ-

SMAPとV6が好きな社会人の備忘録

2020年 アイドルの生き残りをかけた戦い

新年あけましておめでとうございます。

2020年1月22日のストスノのデビューもあり、次世代ジャニーズが活躍する場が増えてきましたね。

 

「ジャニーさんからタッキーに変わってから、デビュー組が干されてて、Jr.ばっかり前に出てる!!」っていう意見をちょくちょく見かけます。

Jr.の活動の場所がバックしかなかった頃からのヲタクからすると、「最近のJr.の仕事凄いなー。」って只只思うんですが、同じ舞台で戦わないと行けない、既出アイドルのこれからを、ファンも想像しておく必要があるのかなぁなんて考えたりもします。

 

前の記事、「アイドル結婚論」アイドル結婚論 - This is Love-きっとここから愛なんだ-でも少し触れましたが、『会社が総力上げて若手を売り出してる今、デビュー組は自力で仕事を取りにいかないと、 オファーだけではどんどん露出は減ると思う。』というのが個人的な見解です。2020年になり改めて考えたことを、過去の記事に付け足して書いていこうと思う。

 

○既出アイドルのこれから

若手がYouTubeを使った活動をしていたり、今ままでやってこなかったことをやることで、ジャニーズ畑じゃない人からも認知をされたり、注目されたりすることが増えてきた。そんな中で、デビュー組は自力で仕事のオーディション受けるとか、なんか自分の頑張ってることで仕事を繋いでいかないといけない。仕事のオファーがなくてもお金が入るのかは私は会社内の人では無いので分かりませんが、会社にも財源の限りがある中、「需要と供給が合わなくなった時、自分の推しはどのような選択を迫られるのだろうか。」と不安になることがある。

 

ドラマや舞台など個々の活動を自分の力で増やしていくことで、各々の収入を得ることができても、個々の仕事ばかり増やしてもグループの活動は増えない。(強いて言うならドラマの主題歌くらいか。)

 

ライブにしても、箱の数が決まっている中で、他のアーティストとの兼ね合いや、集客率の兼ね合いで、ツアーの優先順位も変わってくるであろうし、売上が落ちれば円盤のリリース枚数だって減る。そういうもんだと思う。

会社がYouTubeとか色んなものを使って、若手を売り出そうとしてる中で、会社のお金には限りがある。切るなら売れてない人達だってのは、それはどの会社でも同じで、アイドルだから特別扱いされる訳でもない。
それに、芸歴が上がるにつれてギャラも上がる。テレビ業界は、安いギャラでフレッシュに取り組むJr.を選ぶこととれる方にするだろう。

 

会員数だけでは今現在の人気具合を判断できないのがジャニーズなので、グループの実質のファンの人数(有効会員数)がどれくらいなのかは、私たちには分からない。でも、全員揃った固定レギュラーもない、ライブも2年おき、シングルだって3枚程度。本人たちは「低空飛行でいいから、ずっと続けていたい」って言っているけども、果たして会社がいつまでそれを許してくれるのだろうか。と考えてしまうのだ。

 

○私たちには何ができるのだろう

若い子と同じように、なんでもフレッシュに取り組む事は、世間もテレビも求めていないとすると、そんな中で若手と闘うには、売り上げしかないのではないだろうか。

だから、私は少しでも長く推しがアイドルでグループのメンバーでいれるように、円盤買ったりCD買ったり、雑誌を買ったりして公式にお金を落とし続けている。他にもドラマの円盤を買ったり、舞台を見に行ったりするのも、個人の活躍を楽しみにしている人がいると、需要があることを知ってもらうために必要なのではないだろうか。

でも、時々アイドルであることを求めることが、彼らにとって負担になってるのではないか。と思うこともある。

ライブがあること、CDが出ることを当たり前に思うことなく、推しが第一線で活躍する日々がなるべく長く続くことを願って、今自分に出来ることをしていきたい。

 

〇アイドルのこれから

脱退、解散、ということが立て続けに起きている今、「デビューしたから安心」という時代は終わったのかもしれない。メディア露出が減ってくる前に、需要があることをどうにか伝える必要がある。アイドルグループである以上、音楽だけをやっていれば良いわけではないのが難しい所だろう。

個人での活動も増えている今、(木村くんとか本当にそういう点ではすごい例だと思うし)、アイドルグループとしてどう過ごすかを考える日も近づいているのかもしれない。

 

25周年というお祝いの年にこんなことは言いたくないんだけども、25周年を目前に解散したもう1つの推しグループの一件があるので、たまに不安になる。

「グループでの活動が少ないのにグループで居続けるか」、「個人の活動にシフトするか」ってなった時に、彼らはどっちを選ぶんだろうか、、。

ジャニーズグループと他のアーティストと違うところは、「アイドルであること。」と「若手が控えてること。」だ。彼らが仮に、レーベル所属のアーティストであれば、こんなことは考えない。でも、彼らはあの会社でグループでいる以上は、良くも悪くもアイドルなのだ。

 

2020年がファンにとっても、推しにとっても、素敵な1年になるといいなぁと願うばかりである。

20thCentury Dinner Show 2019

行ってきましたディナーショーー!

「この人坂本担だな、、」ってバレるコバルトブルーのドレスで行ったので、なんの後悔もありません。(真顔)

 

品川から無料送迎バスにのり、いざ飛天の間へ!

初めて飛天の間入ったんですけど、ものすごく高級な感じで、終始ソワソワ。

クリスマス感満載で、一緒に行った友人とテンションが上がりまくってました。

f:id:mari52smaV:20191225165620j:image

f:id:mari52smaV:20191225165640j:image

f:id:mari52smaV:20191225164918j:image

 

美味しいご飯とお酒に舌鼓をうち、めっちゃワインを注がれるので、調子に乗って飲み続けてました。(だって注いでくれちゃうんだもの←)

飛天の間のコース料理はこちら!

・トラウトマリネと6色野菜のモザイク仕立て海の幸と共に

f:id:mari52smaV:20191225165053j:image

・きのこの滑らかポタージュ パイ包み焼き

f:id:mari52smaV:20191225165322j:image

・柔らかく火入れした国産牛フィレ肉"シャルルマーニュ風"甘味爽やかなマダラソース

f:id:mari52smaV:20191225165541j:image

ラズベリームース ホワイトチョコマスカルポーネクリーム

f:id:mari52smaV:20191225165158j:image

円卓が比較的真ん中の端の席だったので、モニターの映りが◎且つ、席札6番でちょっと嬉しかった。

ステージは△を基調とした柄のバックで、TTTを彷彿させるかんじでとてもきれいでしたー。

食事中はモニターで楽屋の様子風の映像が無音で流れていて、長野くんがクリスマスツリーを飾っていたり、井ノ原くんが終始モグモグしてたり、坂本とくんがケータイいじったりしてました。トニセンのみんな、ソファーを後ろから跨いで座るの、なんなの、足長すぎん??

上に時間が出るので、あと何分で始まるかが大体わかるから、どんどんこっちがそわそわしちゃうっていう、、、。

 

ディナーショーのセトリは以下の通り

・新曲①:グレイティスト・ラヴァー

Air

不惑

(衣装替え①)

・FUNKY FLUSHIN'(少年隊の曲)

・DANCING MACHINE

・LADY,LADY,LADY

・Summer Day(客席練り歩き)

・逢いに行こう(バクステ/坂本くんピアノ)

・新曲②:ウィンター・ワンダー・ランド(練り歩き)

(衣装替え②  ジャンケン→坂本くん)

・トライアングル

・オレじゃなきゃ、キミじゃなきゃ

Honey

アンコール

・新曲①:グレイティスト・ラヴァー

・カノトイハナサガモノラ

 

三宅くんが途中で出てきてくれたんですが、私たちの座ってるテーブルの近くから出てきたので、最初思わず変な声を出してしまいました←

 

・三宅くんとのMC覚書(曖昧且つ順不同)

「おぼん持つと、坂本くんと恋と弾丸やらないといけない」

「ディナーショーってもっと省エネなかんじだけど、みんなコンサートみたいに踊ってんじゃん!いつかおれも混ぜてよ!20thCentury feat.三宅健でX,T,C,beat歌う??」

「俺ら(トニセン)より歓声が大きいじゃねぇか!!」

「(三宅くん)時間大丈夫??(井ノ原くん)三宅健が来たから多少延びても大丈夫!」

「お金かかってるよねー。いくらかかってんの???」

「(井ノ原くん)自前の服できたんでしょ?(三宅くん)そう、皆さんもお洒落してるっていうから、僕もおしゃれをね!」

「(はける三宅くんを見ながら)あいつ投げキスとかはねぇのかな。→三宅くん最後に会場に投げキス」

 

・坂本くんのMC(覚書)

「嬉しい人からお花をいただいて。光GENJIの内海くんなんですけど、、、。内海くんの連絡先を知らないので、、アツヒロ...くんにラインをしまして。内海くんにお礼を言っておいてねって。そしたら、アツヒロ....くんからも、いきたかったけど仕事で行けないから大阪からパワーを送るね!って連絡をくれました。」

着替え終わった井ノ原くんが出てきて、「昔さ、チビちゃんって呼ばれてた頃にさ、内海くんから仮面ライダーのお面もらったんだよね」って話をして、内海くんの話をさらっと持っていかれる坂本くん。可愛かった。

 

・その他MC(覚書/順不同)

「(井ノ原くん)1人で来てる人〜?もう隣の人と仲良くなった〜?お互い手を取り合ってね、、、。世の中何があるかわからないから!」

「(井ノ原くん)衣装も豪華で、こんな花柄着ます??あら坂本さんジャングル柄で!(坂本くん)井ノ原さん、あなたが一番派手ですよ、真っ赤な花柄で。(井ノ原くん)普段V6じゃ着ない色を選んでみました。」

 

他にももっと話ししてたんだけど、記憶が飛んでる、、。

 

 

「逢いに行こう」大好きすぎて、坂本くんのピアノでこれが聴けるなんて、、、、、、。しんどみ。

練り歩きの時は、往路は長野くん、復路で井ノ原くんとハイタッチしました。坂本くんは奥のテーブルだったので叶わず。また夢が一つできたので良いです。

「推しと一緒にお酒を飲む」という夢が叶ってしまい、次は「推しと握手をする」という夢を目標にしていこうとおもいます。

 

いやー。。30年弱生きていて、多分今後の人生の中でも飛天の間でディナーを食べることなんてないだろうし、なんかすごい経験したのでは、、。って改めて。

スタッフさんも皆さんベテランばかりで、この日のために集められた精鋭隊なのだろうなぁと。ホテル側のDSへの熱い仕事の熱をかんじた1日でした。

 

 

TTTの特典でもいいし、今回の新曲の特典でもいいし、円盤化してくれないかなぁーーーーーーー!

あの楽屋の映像もくださいーーーーーーー!

円盤化してほしいもの、音源化してほしいものがたくさんあるので、どうか何卒、、、!

TTT当日券備忘録

カノトイハナサガモノラ当日券

 

幸運にも自チケとプレガイドの圧勝により3公演は確定してきたのですが、仕事柄これ程休みを申請しやすい時期に現場があることは珍しいため、欲を出して当日券にもチャレンジをすることにしました。

 

社会人になり、行くことが出来る公演が限られてきたので、19日の公演と20日の公演の当日券を狙い、18日と19日に鬼電をしました。(当日券の電話番号を「坂本昌行」で登録し、リダイヤルを続けるのはなかなかシュールでした)

両日とも12:00からかけ始め、18日は13:28で夜公演整理番号60番台、19日は14:45で昼公演キャセル待ち1桁でした。

 

 

<当日券・キャンセル待ち 電話の流れ>

オペレーターさんが対応で公演名と公演時間の確認を確認されます。「マチソワ公演の時はどちらの整理番号が早いかを教えてくれた」というツイートを見かけたのですが、私の時は「お答えできませんが、どちらもまだ当日券のご案内がございます」と言われたので、オペレーターさんによるのかもしれません。

名前と電話番号、本人確認書類の確認、当日の集合時間を聞いた後に、整理番号を教えて頂く形になります。

キャンセル待ちも同様で、キャンセル待ちであること、必ず入ることが出来る席では無いことを強く言われます。

 

<当日の流れ>

・当日券

当日券(1番~90番台?)は、開演の1時間前までに並ばなくてはいけません。時間が過ぎるとどんなに整理番号が早くても1番最後に並ぶことになります。あと、本人確認書類に不備があった方(写真付きのものがなく、確認できるものを2枚持ってこないといけないのに1枚しかなかった人など)も1番最後に並ぶことになっていました。順番に呼ばれて、恐らくS席から順番に発券なのですが、どの席になるかは完全に運です。

因みに、18日ソワレ公演は、O列だったのでA席扱いだったのですが、S席なのでは???ってくらい近かった。

 

・キャンセル待ち

キャンセル待ち(1番~20番台?)は、開演の20分前までに集合、その後当日券と同様に列になります。(この時点ではまだチケットがあるかは分かりません。)キャンセル待ちがでた順に呼ばれるので、会場入りはだいぶギリギリになります。これもどの席になるかは完全に運だと思います。

因みに、19日は3階席B列の下手見切れ席(B席)でした。1番後ろの人もキャン待ち入れてたっぽいから、千穐楽は無理にでも座席を作ってくれている感じはありました。私の席も、前に観劇した時は椅子に布がかかっていた席だったので、、、。

 

<まとめ>

当日券はチャレンジしてみる価値が本当にあると思うので、時間が合うのであれば諦めずに電話をした方が観劇のチャンスは広がると思います!

 

余談なのですが、キャンセル待ちをしている時に、まだ当日券の対応をしているスタッフさんに、「キャンセル待ち何人くらい入れそうですか?」と確認している方がいらして、、、、。スタッフさんも「お答えできません」と言っているのになかなか引き下がらないのを見て、残念な気持ちになりました。。。

気になるのは分かるのですが、そもそも「入れないかもしれない」ということを念頭にキャンセル待ちをしているはずなのになぁと。キャンセル待ちは気楽に待つことをオススメします。

 

f:id:mari52smaV:20190820170330j:image

 

OMS2019に行ってきました。

f:id:mari52smaV:20190527070246j:image

 

3年ぶりに行ってきました( *˙꒳˙ *)

今回は前から17列目のど真ん中だったので、終始坂本くんと見つめあってました(勘違い)

双眼鏡を自分の部屋の中で紛失したため、持っていけなかったんだけど、持ってたら途中で意識飛んでたとおもう( )

 

○SetList
1.組曲「惑星」より木星/G.ホルスト(オケのみ)
2.Your my only shining star/中山美穂
3.長い間/Kiroro
4.Squall/松本英子
5.駅/竹内まりや

 

男心コーナー
6.Goodbye Day/来生たかお
7.もうひとつの土曜日/浜田省吾

 

ミュージカルコーナー
8.TOPHATよりcheek to cheek
9.TOPHATよりPutting on the ritz
10.TOPHATよりNo strings (I'm Fancy Free)
11.The Boy from OZよりDon't Cry Out Loud
12.The Greatest ShowmanよりFrom Now On
13.The Greatest ShowmanよりThis Is Me(アンサンブルのみ)

 

14.あの日に帰りたい/松任谷由実
15.for you…/高橋真梨子
16.ストーリー/AI
17.虹~ヒーロー~/さだまさし

 

アンコール
18.WAになっておどろう~イレ アイエ~/AGHARTA
19.Without you/坂本昌行

 

〇備忘録コーナー

ほんとさぁ、、、、、!「恋をするなら坂本昌行」って考えた人誰!?金一封渡すから出てきて!←

最初、声が辛そうでやっぱりキーが高いのかな?って思ってたんだけど、ミュージカルコーナーが本領発揮すぎて、「この人には、ずっとミュージカルをやってて欲しい」って思わずにはいられなかったよね。

 

まずさぁ、ホルスト木星で泣くやん。(昔、吹奏楽でやった)

そのあとの、Kiroroの「長い間」と松本英子の「squall」で泣くやん。

終始ニヤニヤが止まらなくて、口に手を当てていたんですけども、視界の先には坂本くんが居て、ラブソング歌ってくれるんだから仕方ないよね←

 

坂本くん、カバーアルバム出そう???

徳永英明とか、尾崎豊の曲を歌って欲しい。

坂本くんに「大好き」とか言われすぎて麻痺をしている。(おちつけ)

 

ミュージカルコーナーが最高すぎてな。

TOPHATは7公演通ったんですけども、やっぱり名作なんだよねあれ。イントロ流れただけで鳥肌。

そして、The Greatest Showmanはヤバイよな。大好きすぎて映画のサントラもBluRayも買ったけどやばい。ぜひ日本でミュージカルやる時は坂本くんで!

「The Otherside」のグラスアクションやるとこみたい。

言霊信じてるからーーーー!

 

ヒュー・ジャックマンのOzの2003年ー2004年で、トニー賞の主演男優賞を取ったのが2004年。坂本くんのOzの初演が2005年で彼は坂本くんの3歳年上だから、本当にずっと追い続けて欲しい。

欲を言えば、帝劇レミゼも出て欲しい←

 

「この大編成のオーケストラでミュージカルの曲をやることってないから、それをみんなにお届けしたくて!」ってのが本当に嬉しくてな、、、。

ミュージカルコーナーになると、声が全く苦しそうじゃなくなったから、歌いやすい音域だったり声の出し方なんだろうなぁ。

 

「Without you」、坂本くんのソロの中で結構お気に入りでして。あれを初めて歌ったの27歳の坂本くんってやばない????って私はずっと思っていたのだけども。なんか、歌い方とかやっぱ声も変わってるしさぁ、ほんとやばいよな。

アンコールで曲名言われた時に「ひゃっ」って言った人←

 

MCも終始可愛かったし、「MC苦手」ってのを全面に出す感じ、好きだぞ←

井ノ原くんか風間くんをMCに呼びたい坂本くん。

 

今回のOMS公演は、アイドルでも、ミュージカル俳優でもなく、歌い手としてあの舞台に立ってる坂本くんがいて、私は本当に素敵な人のファンになったなぁと思うわけで。「学校へ行こう」をみて、みんながカミセンに落ちて行くのを横目に、坂本くんのファンになった自分をめっちゃ褒めたい。

坂本くんが出演するミュージカルは、本当に好きな作品ばっかりで、勝手に相思相愛ってことにしとくから許して欲しい( )

 

 

最後に、、、、

 

メッセージフォトが最高に良かったので、2セット買ったから、マヌカハニーでも買って喉のケアをしてくださいまし。

 

私、毎回坂本くんの舞台の時はファンレターを出しているんだけど、今回は1公演しか入れないし、ファミクラに投函しようかなって思っていて。でも、土曜日に観劇するフォロワーさんに会いにオーチャードまで足を運んだので、ダメ元でスタッフさんにファンレターを託すことが出来ました!

封筒は糊付けするより、マステで封した方が読みやすいって、Jwebで某後輩くんが教えてくれたので、今回はマステで封をしてみました。

 

OMS、著作権の関係で円盤化は厳しいのかもしれないけど、何卒、、、何卒、、、、。

 

今回のセトリをiTunesで作成ようとした結果、容量がいっぱいになってしまった(容量がジャニーズ>ミュージカル>Jpop)ので、精撰せねば。

 

坂本くんには、ずっと好きなことをしていてもらいたいし、彼が望むならずっと舞台の上に立っていて欲しいんですよね。ミュージカルやるべくして生まれたのでは????って思うので、ずっとやっていて欲しいなぁ。坂本くんが舞台で上に立ち続ける限り、わたしもずっと応援していこうと改めて思ったOMSでした。

 

f:id:mari52smaV:20190527070303j:image

 

TOPHATという作品

観劇の感想をつらつらと書くブログになりつつあります。今回は『TOPHAT』です。

f:id:mari52smaV:20181218172125j:image

 

 

個人的にとても大好きな作品で、フレッド・アステア主演の映画のDVDも持っているのですが、坂本くんがジェリー役と聞いた時は本当に嬉しくて。タップを踏みながら歌うカッコイイ坂本くんと、女の人にメロメロになる可愛い坂本くんがみれるなんて!とわくわくしておりました。

 

『TOPHAT』は、勘違い祭のドタバタコメディで、笑いありラブありの本当に最高傑作だと思っているので、ぜひアステア版も見てほしいです。

あ、ちなみに「あの曲が気になるんたけど!」という方には、ロンドン公演キャスト版と宝塚版ならCDが出ているので、そちらもオススメです。iTunesに1500円で売ってます!

‎Top Hat - The Musical (Original London Cast)の「Top Hat - the Musical (Original London Cast Recording)」をApple Musicで

 

私が坂本くんのミュージカルを好きな理由のひとつが、歌い方が原作に沿っている(気がする)というのがとても大きくて。

もちろん演出家の方の意向とかもあるんだと思うんですが、音を聞いて覚えてるのかな。なんか発音が不自然じゃないというか。「日本語にしましたーーー!」って感じじゃなくて、原作へのリスペクトを感じるんですよね。自担贔屓かもしれないですが。

 

そして、今回のセットも2015年の来日公演と似た雰囲気のセットを使っていて、衣装もほとんど同じで、とても良いです。(来日公演もシアターオーブだったし)

 

見終わってこんなにハッピーな気持ちになれる作品って久しぶりだったので、とても楽しかったです。毎回見に行くのにワクワクしてたし、見終わったあとには幸せな気持ちになってました(∗•ω•∗)

 

今回のTOPHATの好きなシーンBEST3

1♛ ジェリーとデイルのダンスシーン

もうあれは圧巻。多部ちゃんをエスコートする坂本くんが完璧すぎて、好きが溢れてくる( )

 

2✧ 屋良くん演じるアルベルト

正直あんなにハマり役だとは思っていなかったので、もう美味しいところ全部もってたよね。屋良くんって感じ。キャラ濃すぎナーノ!笑

 

3☻ マッジとホレスの掛け合い

‎Top Hat - The Musical (Original London Cast)の"Outside of That, I Love You"をApple Musicで

私この「Outside of that I Love you」が本当に好きで、「あなたのここが嫌い、ここも嫌い、あとこれも嫌い!でもそれ以外は大好き」って、マッジとホレスは本当に素敵な関係だよなぁって。

 

あと今回はオケピが裏で演奏してるところは見れないんだけど、生演奏って最高よね。最後の曲まで客席で拍手するの本当に楽しかった!

 

多部ちゃんが期待以上にすごく良くて、ツンケンしてるデイルの雰囲気めっちゃ出てたの、好感度高め。

 

デイルとジェリーのキスシーンの後、坂本くんの唇に真っ赤な口紅のあと付いてて˚‧·(´ฅωฅ`)‧º·でもかっこいいから許す(何が)

 

個人的に、執事のベイツ役の浅野さんがとても良くてですね、執事役めっちゃ似合うし、なかなかのインパクトあるキャラクターだった。報告書をホレスに渡すシーンは東京と大阪でちょっと変えてて!そういう小ネタ好き!

 

あとは、大道具も小道具もめっちゃ凝ってて、双眼鏡でいろんなところを見るのが本当に楽しかった。ホテルのメイドさんの方も、ウェイターの方も、ほんと素晴らしかった( *˙꒳˙ *)

 

 

 

 

11/6の東急シアターオーブからスタートした私のTOPHAT月間も、12/1の梅田芸術劇場で幕を閉じました。通いつめて楽しかったなぁーーー。

坂本くんが出ていたミュージカルで再演してほしいものってたくさんあるんだけど、その中にTOPHATも加わりました(´ ˘ `๑)♡

(Pal JoeyとThe Boy From OZは実は観れてないので、再演して欲しい、、、。)

 

坂本くんにはずっと舞台に立ち続けて欲しいので、好きなことずっと続けて欲しい。いろんな作品にもてて欲しいし、またいつか、ソロコンもやってください(๑•ω•๑)♡

二十日鼠と人間

f:id:mari52smaV:20181108161236j:image

千秋楽も済んだことですし、ネタバレ込の観劇感想ブログを書きます。

 

●感想とかをつらつらと

先月グローブ座にて、『二十日鼠と人間』観劇してきました。

健くんの舞台は『滝沢歌舞伎』しか見た事がなかったので、とても新鮮だったというのと、見終わったあとに考えさせられる演目でした。

 

今回は1公演のみの観劇だったので、原作本を先に読んでから観劇したのですが、原作の素敵な雰囲気が劇場に広がっていて、とても良かったです。

原作はこちら。Amazonさんのリンク⤵︎⤵︎⤵︎

Amazon CAPTCHA

 

舞台は世界恐慌時代(1929年前後)のカリフォルニアなので、前回の坂本くんの舞台「君が人生の時」の10年くらい前。

「とても考えさせられる作品だな」とは、原作を読んだ時に思ったのですが、「自分がジョージの立場だったらどうするだろうか」というのはとても思いました。最後の彼の行動が正しかったのかそうじゃないのか、そんな簡単に答えが出る話では無いなぁと。

 

健くん演じるジョージの涙が本当に綺麗で、この2人はこの時代じゃなかったらもっと幸せに暮らせたんじゃないだろうかと思ってしまう。でも逆に、あの時代だったから、2人の仲はこれほど深いものになったんだよなぁとも思うわけで。

 

犬と人間で差別されるものなの?老いぼれ犬でも命あるものなのだから、寿命まで生きさせてあげるべきだったんじゃないの??レニーも他に方法はなかったの?と思ってしまうのだ。

でも当時は、誰もが他人のことなんて考える心の余裕なんてなかっただろうし。分かっているけど、そこがとてももどかしい。

 

最後、ジョージがレニーに2人の夢の話をするシーンが本当に胸が痛くて。自分の泣いてる顔を見せないように、そして、自分が撃とうとしてることを気づかれないように気づかれないようにっていうジョージの気持ちを考えると本当に胸が痛くて。レニーにとってジョージは本当に心を許した友だったし、ジョージにとってのレニーも同じだったんだと思うんですよね。

 

人を殺めてしまうことは良くないことたけど、復讐とかじゃない、このやり場のない気持ちはどうしたらいいんだろうか。

最近、介護疲れからくる老人虐待とか、育児疲れからくる児童虐待とか、ニュースでよく見かける。今の時代ですら、そうやってやり場のない思いをどうすることもできずにいる人がいて、当時の彼らと同じように悩み苦しんでいる人って世界にはたくさんいるんだよなあと。そんな彼らを助ける制度がなかった舞台の時代だと、尚更問題は深刻だったと考えてしまう。

 

今はいろんな立場と人が守られる制度があって、いろんな人と共存して生きる世界になっていて。ジョージやレニーのような人の叶わなかった願いや思いや願いや夢が少しでも叶っている世の中になっていればいいなぁと思う。「自分が何かできるかな?」なんて、大それたことは考えられないけれど。

 

生きることが辛い時代。今ももしかしたらそうなのかもしれない。景気が悪くて、仕事がない人が多くて、過酷な労働環境がもんだいになっていて。でも、そんな中でひっそりと何か幸せを探して、夢を描いて生きることすら難しくなったら、私はどうするだろう。そんなことを考えた。

 

 

●演劇と私

私は演劇を見たあとに考えることが好きだ。

私は演出家でも脚本家でもないけど、映画を見たり、本を読んだりした後に、いろんな人と同じ題材について議論を交わす時間はとても至福の一時なのだ。

特にここ数年は観劇した後に考える作品が多くて、自分の考える引き出しが増えてきているのが嬉しい。

 

演劇って敷居が高いし、価格も安くはないし、正直大人の趣味だと思う。

それこそ高校生くらいまでは「好きな人が出てるから。」「好きな話だから。」っていうのが大きな理由で映画も舞台も見てたけど、大人になって色々なことを経験したからこそ、こうやって考える機会を与えてくれる演劇は、今の私にとってはなくてはならない娯楽の一つになっている。

 

次の舞台はTOPHATなので、ミュージカルの楽しさを存分に味わいたい。芸術の秋最高( *˙꒳˙ *)୨୧⑅*

 

グッズのアクスタが可愛すぎて買いました。かっこいい方の健くん。

 

 

 

 

検察側の罪人完成披露試写会

検察側の罪人完成披露試写会

 

木村くんのFC枠で行ってきました゚。*♡(。・ω・。)♡*. ゚

生の木村くんに会うのはALIFEの完成披露試写会ぶりなので、約1年半ぶり。

 

f:id:mari52smaV:20180807074709j:imagef:id:mari52smaV:20180807074706j:image

登壇前の写真はOKでした( *˙꒳˙ *)

 

映画、本当は原作読んでから見ようと思ってたんだけど、なかなか時間が取れなくて未読のまま試写会へ。

 

☆映画の前に舞台挨拶(ネタバレなし)

(メモ撮ってたわけじゃないのでニュアンス)

赤と白で別れたランウェイがあって、舞台下手側の席の人が赤いサイリウム、上手側が黄色(白?)のサイリウムを入場時に渡されました。

 

中央の上下出口からキャストさんの入場で、それはもう割れんばかりの声援が鳴り響いていて。

 

キャスト陣のインタビューは、八嶋さんの抜群のトーク力が光ってました◎

音尾さんが、木村くんの大ファンでって話をしてくださったの嬉しかったなぁ。

「札幌ドームにも沢山足を運びました!」って時に、木村くん照れくさそうな顔してた˚‧·(´ฅωฅ`)‧º·

大倉さんも「木村さんとは何度も共演させせて頂いてるんですけど、いつも会う度に喉がカラカラに、、、、。」って話が笑

 

二宮くんがずっと共演したいと思ってくれていたことが嬉しかった。いろんな記事にも出てるけど、「皆さん写真撮りたいと思いますけど、僕も写真撮りたいです。」ってニコニコしてた( *˙꒳˙ *)

 

スチール撮影では、どの媒体もジャニタレが捌けることなく写ってることに感無量だったんだけども。主演の2ショットが画面に映れば客席から悲鳴が上がるから、出演者の皆様が戸惑っていたのでなんか申し訳ない気持ちにもなったけど許してください←

 

映画終わったあとに再登壇があって、最後に銀テ飛んできたのね。私の前の列までしか届かなくて我慢しててんだけど、席立ち上がって取りに行ってた人が多くてちょっと怖かった、スタッフさんが止めてもみんな前行くんだもん:( ;´꒳`;):

 

 

すごく考えさせられる内容で、見終わったあとに「スッキリ」するタイプの映画ではないです。なので、新しい木村くんの姿を見ることができた感じです。

 

個人的に、映画を見ながらいろんなことを重ね合わせた自分がいて。あの時期に木村くんがオファーを受けた映画だということも含めて、なんかずっしりきた。

次見るまでに原作読み終えたいなぁ˚‧·(´ฅωฅ`)‧º·

 

ムビチケ2枚あるし、じっくり時間かけて楽しみたい!

 

八嶋さん言ってたけど

「元気がないと見れない」作品なので、心も体も元気なときに映画館に行くことをオススメします!笑

 

8/24は舞台挨拶あるかなー。楽しみ!