This is Love-きっとここから愛なんだ-

SMAPとV6が好きな社会人の備忘録

TOPHATという作品

観劇の感想をつらつらと書くブログになりつつあります。今回は『TOPHAT』です。

 

個人的にとても大好きな作品で、フレッド・アステア主演の映画のDVDも持っているのですが、坂本くんがジェリー役と聞いた時は本当に嬉しくて。タップを踏みながら歌うカッコイイ坂本くんと、女の人にメロメロになる可愛い坂本くんがみれるなんて!とわくわくしておりました。

 

『TOPHAT』は、勘違い祭のドタバタコメディで、笑いありラブありの本当に最高傑作だと思っているので、ぜひアステア版も見てほしいです。

あ、ちなみに「あの曲が気になるんたけど!」という方には、ロンドン公演キャスト版と宝塚版ならCDが出ているので、そちらもオススメです。iTunesに1500円で売ってます!

‎Top Hat - The Musical (Original London Cast)の「Top Hat - the Musical (Original London Cast Recording)」をApple Musicで

 

私が坂本くんのミュージカルを好きな理由のひとつが、歌い方が原作に沿っている(気がする)というのがとても大きくて。

もちろん演出家の方の意向とかもあるんだと思うんですが、音を聞いて覚えてるのかな。なんか発音が不自然じゃないというか。「日本語にしましたーーー!」って感じじゃなくて、原作へのリスペクトを感じるんですよね。自担贔屓かもしれないですが。

 

そして、今回のセットも2015年の来日公演と似た雰囲気のセットを使っていて、衣装もほとんど同じで、とても良いです。(来日公演もシアターオーブだったし)

 

見終わってこんなにハッピーな気持ちになれる作品って久しぶりだったので、とても楽しかったです。毎回見に行くのにワクワクしてたし、見終わったあとには幸せな気持ちになってました(∗•ω•∗)

 

今回のTOPHATの好きなシーンBEST3

1♛ ジェリーとデイルのダンスシーン

もうあれは圧巻。多部ちゃんをエスコートする坂本くんが完璧すぎて、好きが溢れてくる( )

 

2✧ 屋良くん演じるアルベルト

正直あんなにハマり役だとは思っていなかったので、もう美味しいところ全部もってたよね。屋良くんって感じ。キャラ濃すぎナーノ!笑

 

3☻ マッジとホレスの掛け合い

‎Top Hat - The Musical (Original London Cast)の"Outside of That, I Love You"をApple Musicで

私この「Outside of that I Love you」が本当に好きで、「あなたのここが嫌い、ここも嫌い、あとこれも嫌い!でもそれ以外は大好き」って、マッジとホレスは本当に素敵な関係だよなぁって。

 

あと今回はオケピが裏で演奏してるところは見れないんだけど、生演奏って最高よね。最後の曲まで客席で拍手するの本当に楽しかった!

 

多部ちゃんが期待以上にすごく良くて、ツンケンしてるデイルの雰囲気めっちゃ出てたの、好感度高め。

 

デイルとジェリーのキスシーンの後、坂本くんの唇に真っ赤な口紅のあと付いてて˚‧·(´ฅωฅ`)‧º·でもかっこいいから許す(何が)

 

個人的に、執事のベイツ役の浅野さんがとても良くてですね、執事役めっちゃ似合うし、なかなかのインパクトあるキャラクターだった。報告書をホレスに渡すシーンは東京と大阪でちょっと変えてて!そういう小ネタ好き!

 

あとは、大道具も小道具もめっちゃ凝ってて、双眼鏡でいろんなところを見るのが本当に楽しかった。ホテルのメイドさんの方も、ウェイターの方も、ほんと素晴らしかった( *˙꒳˙ *)

 

 

11/6の東急シアターオーブからスタートした私のTOPHAT月間も、12/1の梅田芸術劇場で幕を閉じました。通いつめて楽しかったなぁーーー。

坂本くんが出ていたミュージカルで再演してほしいものってたくさんあるんだけど、その中にTOPHATも加わりました(´ ˘ `๑)♡

(Pal JoeyとThe Boy From OZは実は観れてないので、再演して欲しい、、、。)

 

坂本くんにはずっと舞台に立ち続けて欲しいので、好きなことずっと続けて欲しい。いろんな作品にもてて欲しいし、またいつか、ソロコンもやってください(๑•ω•๑)♡

二十日鼠と人間

f:id:mari52smaV:20181108161236j:image

千秋楽も済んだことですし、ネタバレ込の観劇感想ブログを書きます。

 

●感想とかをつらつらと

先月グローブ座にて、『二十日鼠と人間』観劇してきました。

健くんの舞台は『滝沢歌舞伎』しか見た事がなかったので、とても新鮮だったというのと、見終わったあとに考えさせられる演目でした。

 

今回は1公演のみの観劇だったので、原作本を先に読んでから観劇したのですが、原作の素敵な雰囲気が劇場に広がっていて、とても良かったです。

原作はこちら。Amazonさんのリンク⤵︎⤵︎⤵︎

Amazon CAPTCHA

 

舞台は世界恐慌時代(1929年前後)のカリフォルニアなので、前回の坂本くんの舞台「君が人生の時」の10年くらい前。

「とても考えさせられる作品だな」とは、原作を読んだ時に思ったのですが、「自分がジョージの立場だったらどうするだろうか」というのはとても思いました。最後の彼の行動が正しかったのかそうじゃないのか、そんな簡単に答えが出る話では無いなぁと。

 

健くん演じるジョージの涙が本当に綺麗で、この2人はこの時代じゃなかったらもっと幸せに暮らせたんじゃないだろうかと思ってしまう。でも逆に、あの時代だったから、2人の仲はこれほど深いものになったんだよなぁとも思うわけで。

 

犬と人間で差別されるものなの?老いぼれ犬でも命あるものなのだから、寿命まで生きさせてあげるべきだったんじゃないの??レニーも他に方法はなかったの?と思ってしまうのだ。

でも当時は、誰もが他人のことなんて考える心の余裕なんてなかっただろうし。分かっているけど、そこがとてももどかしい。

 

最後、ジョージがレニーに2人の夢の話をするシーンが本当に胸が痛くて。自分の泣いてる顔を見せないように、そして、自分が撃とうとしてることを気づかれないように気づかれないようにっていうジョージの気持ちを考えると本当に胸が痛くて。レニーにとってジョージは本当に心を許した友だったし、ジョージにとってのレニーも同じだったんだと思うんですよね。

 

人を殺めてしまうことは良くないことたけど、復讐とかじゃない、このやり場のない気持ちはどうしたらいいんだろうか。

最近、介護疲れからくる老人虐待とか、育児疲れからくる児童虐待とか、ニュースでよく見かける。今の時代ですら、そうやってやり場のない思いをどうすることもできずにいる人がいて、当時の彼らと同じように悩み苦しんでいる人って世界にはたくさんいるんだよなあと。そんな彼らを助ける制度がなかった舞台の時代だと、尚更問題は深刻だったと考えてしまう。

 

今はいろんな立場と人が守られる制度があって、いろんな人と共存して生きる世界になっていて。ジョージやレニーのような人の叶わなかった願いや思いや願いや夢が少しでも叶っている世の中になっていればいいなぁと思う。「自分が何かできるかな?」なんて、大それたことは考えられないけれど。

 

生きることが辛い時代。今ももしかしたらそうなのかもしれない。景気が悪くて、仕事がない人が多くて、過酷な労働環境がもんだいになっていて。でも、そんな中でひっそりと何か幸せを探して、夢を描いて生きることすら難しくなったら、私はどうするだろう。そんなことを考えた。

 

 

●演劇と私

私は演劇を見たあとに考えることが好きだ。

私は演出家でも脚本家でもないけど、映画を見たり、本を読んだりした後に、いろんな人と同じ題材について議論を交わす時間はとても至福の一時なのだ。

特にここ数年は観劇した後に考える作品が多くて、自分の考える引き出しが増えてきているのが嬉しい。

 

演劇って敷居が高いし、価格も安くはないし、正直大人の趣味だと思う。

それこそ高校生くらいまでは「好きな人が出てるから。」「好きな話だから。」っていうのが大きな理由で映画も舞台も見てたけど、大人になって色々なことを経験したからこそ、こうやって考える機会を与えてくれる演劇は、今の私にとってはなくてはならない娯楽の一つになっている。

 

次の舞台はTOPHATなので、ミュージカルの楽しさを存分に味わいたい。芸術の秋最高( *˙꒳˙ *)୨୧⑅*

 

グッズのアクスタが可愛すぎて買いました。かっこいい方の健くん。

 

 

 

 

検察側の罪人完成披露試写会

検察側の罪人完成披露試写会

 

木村くんのFC枠で行ってきました゚。*♡(。・ω・。)♡*. ゚

生の木村くんに会うのはALIFEの完成披露試写会ぶりなので、約1年半ぶり。

 

f:id:mari52smaV:20180807074709j:imagef:id:mari52smaV:20180807074706j:image

登壇前の写真はOKでした( *˙꒳˙ *)

 

映画、本当は原作読んでから見ようと思ってたんだけど、なかなか時間が取れなくて未読のまま試写会へ。

 

☆映画の前に舞台挨拶(ネタバレなし)

(メモ撮ってたわけじゃないのでニュアンス)

赤と白で別れたランウェイがあって、舞台下手側の席の人が赤いサイリウム、上手側が黄色(白?)のサイリウムを入場時に渡されました。

 

中央の上下出口からキャストさんの入場で、それはもう割れんばかりの声援が鳴り響いていて。

 

キャスト陣のインタビューは、八嶋さんの抜群のトーク力が光ってました◎

音尾さんが、木村くんの大ファンでって話をしてくださったの嬉しかったなぁ。

「札幌ドームにも沢山足を運びました!」って時に、木村くん照れくさそうな顔してた˚‧·(´ฅωฅ`)‧º·

大倉さんも「木村さんとは何度も共演させせて頂いてるんですけど、いつも会う度に喉がカラカラに、、、、。」って話が笑

 

二宮くんがずっと共演したいと思ってくれていたことが嬉しかった。いろんな記事にも出てるけど、「皆さん写真撮りたいと思いますけど、僕も写真撮りたいです。」ってニコニコしてた( *˙꒳˙ *)

 

スチール撮影では、どの媒体もジャニタレが捌けることなく写ってることに感無量だったんだけども。主演の2ショットが画面に映れば客席から悲鳴が上がるから、出演者の皆様が戸惑っていたのでなんか申し訳ない気持ちにもなったけど許してください←

 

映画終わったあとに再登壇があって、最後に銀テ飛んできたのね。私の前の列までしか届かなくて我慢しててんだけど、席立ち上がって取りに行ってた人が多くてちょっと怖かった、スタッフさんが止めてもみんな前行くんだもん:( ;´꒳`;):

 

 

すごく考えさせられる内容で、見終わったあとに「スッキリ」するタイプの映画ではないです。なので、新しい木村くんの姿を見ることができた感じです。

 

個人的に、映画を見ながらいろんなことを重ね合わせた自分がいて。あの時期に木村くんがオファーを受けた映画だということも含めて、なんかずっしりきた。

次見るまでに原作読み終えたいなぁ˚‧·(´ฅωฅ`)‧º·

 

ムビチケ2枚あるし、じっくり時間かけて楽しみたい!

 

八嶋さん言ってたけど

「元気がないと見れない」作品なので、心も体も元気なときに映画館に行くことをオススメします!笑

 

8/24は舞台挨拶あるかなー。楽しみ!

 

V6があまり歌っていない曲でセトリを組んだら

CDを再収納しながら6/6のV6の日に某テレビ誌で「カップリングだけのライブとかいいよね!」的な話をしていたのを思い出したので、発売されたV6名義のすべての楽曲とそれぞれのライブでの歌われ度合いをまとめ『あまり歌われていない曲でセトリを組んでみよう!』という自己満企画です。

 

今年で3年目の「夏休み はてブ自由研究」。過去のものはこちら⤵︎⤵︎⤵︎

2016年→会報のあれやこれや。 - This is Love-きっとここから愛なんだ-

2017年→後追いでファンになった時の円盤類の集め方 - This is Love-きっとここから愛なんだ-

 

 

◆今回対象となるV6(トニカミ&ソロ曲含む)の楽曲リスト

①シングル、アルバム、トニカミ、ソロ曲&ユニット曲別で上からリリース順

②多数のアルバムに収録されているものは1番古いものが優先

③アルバムに収録されたシングル曲は、シングルで掲載

④アレンジ違いは割愛

ここまで来てやばいものに手を出してしまった感がすごい。

 

◆シングル124曲

f:id:mari52smaV:20180706184230j:plain

 

◆アルバム98曲(ミニアルバム、ベスト・アルバム、DVDシングル+特典を含む)

f:id:mari52smaV:20180716182433j:plain

 

 ◆おまけ① 20thCentury52曲 ComingCentury46曲 

f:id:mari52smaV:20180716182501j:plain

 

◆おまけ② ソロ(別名義も含む)36曲&グープ内ユニット17曲 

f:id:mari52smaV:20180706184604j:plain

V6は今現在 373曲の持ち歌が円盤化されているということになる。

 

 ◆歴代コンサートでの披露曲一覧

①イベントやカウコンは対象外

②V6のコンサートのみ(色付きは持ち歌じゃないもの。トニカミはまた別の機会で)

③一番披露曲が多い日(最終日)を中心に集計

※1 円盤化されてないライブはネット検索とキーワード検索 | ライブ・セットリスト情報サービス【 LiveFans (ライブファンズ) 】を参照、抜けがある可能性有

f:id:mari52smaV:20180715132616j:plainf:id:mari52smaV:20180715132630j:plainf:id:mari52smaV:20180706190027j:plainf:id:mari52smaV:20180715132800j:plain

f:id:mari52smaV:20180715132831j:plainf:id:mari52smaV:20180715132856j:plainf:id:mari52smaV:20180715132951j:plain

これだけ見ててもなんのこっちゃって話だと思うので、次!(統計取るためにはExcelにまとめた方が便利だったのよ。)

 

◆ツアーで歌われた回数が多い曲ランキング

上位3曲には色を付けています。

<シングル編> 

f:id:mari52smaV:20180715133125j:plain

さすがはデビュー曲最多の37回。そして、「MADE IN JAPAN」を上回る「愛なんだ」コンサートでの定番曲ってありますもんね。盛り上がるもんね。

 

<アルバム編>

f:id:mari52smaV:20180716182535j:plain

1stアルバムより「逃亡者ーFUGITIVE-」が13回で1位にランクイン!最近の曲である「サンキュー・ミュージック」が11位と大健闘。最近のアルバムの曲は、そのツアーでしか披露されない傾向がありますが、個人的にはアルバムの曲って好きなので、たくさん披露してほしい。。。。

 

<おまけ トニカミ編>

 ※トニカミコンでの披露はカウント外。V6のコンサートの披露回数です。

f:id:mari52smaV:20180716182857j:plain

今では、トニセンの方が持ち歌多いのに、コンサートでの披露曲数は大差ないという。(最初の頃はカミセンの持ち歌が多かったから仕方ないけど)トニセンは先輩方の曲をよく歌っていたという印象があって、セトリみても実際そうなんだけれども。

トニセンは「GOAL」が1位。カミセンは「Theme of ComingCentury」が安定の1位!

 

 ◆惜しくもあまり歌われていない曲リスト

※同じ曲のアレンジ違いは割愛しました。

f:id:mari52smaV:20180715140430j:plain

 まあシングルは仕方ないとして、アルバムにも未披露曲があるのは驚き。トニカミは完全におまけで載せました。

 

◆「#V6があまり歌っていない曲でセトリを組んだら」

さて、上記の『未披露曲リスト』より、通常のコンサートと同じように30曲前後でセトリを組んでみました。(異論は認める)

「トニコンで歌われてます!」「カミコンでめっちゃ歌ってましたよ!」とかあるでしょう。(本当はそちらの統計まで載せようとしたけど、諦めました。)

f:id:mari52smaV:20180715170417j:image

f:id:mari52smaV:20180715162517j:plain

みなさんの意見も知りたい!ので、「 #V6があまり歌っていない曲でセトリを組んだら 」で、ぜひ妄想セトリを考えて頂きたい。(未披露曲+披露回数1回の曲で作っていただければと思います!)楽曲リストとセトリ表はご自由にお使い下さい。私はiPodで妄想セトリを組んできめました!笑

Twitterのリプ欄にセトリ表は貼っておくので、そちらもご活用ください。(需要があるか分かんないですが。)

 

個人的には、未披露曲ライブに加えて、井ノ原くんが作詞・作曲をする「いのっちBest」みたいなの作って欲しい。。

 

円盤の収納について考える

収納用の棚を買ったまでは良かったが、新曲・コンサートの円盤であっという間に棚が埋まってしまったので、今回は溜まりに溜まったダビングした円盤の保管方法と購入した円盤の再収納について、書いていこうと思う。

 

その1、ダビングしたDVD・Blu-rayについて。

コツコツとダビング→ラベリングという作業を繰り返し、やっと終わりが見えてきたところだ。

 

そもそもこのラベリングの作成に挑むことを決断したのは、我が家にCanonのプリンターがやってきたからである。

その名も「Canon PIXUS MP980」

f:id:mari52smaV:20180120003021j:image

相当使い込んだ感じに見えるがそれもそのはず、これは、昨年末に祖父母の家の大掃除をした際に我が家に来た戦利品である。

型は古いのだが、シンプルなラベルを印刷する分には何も困らないのでとても重宝している。

 

背景の色や画像をを選び、文字を入れるだけで、簡単なラベルは作ることが出る。

f:id:mari52smaV:20180124211221j:image

OneDishもこの通り。

DVDもBlu-rayもラベリングしてから100均の10枚入るケースに収納している。

本当は画像を取り込んで手の込んだことをやりたかったが、めんどくささが勝ってしまった←

「続けられるやり方が大事」ということで、文字だけをラベリングしている。

コンセプトは「何が入ってるか円盤を見れば分かるようにする」ということ。

OneDishは散策している地名、音楽番組はタイトルと日付、WSは何についてかを円盤そのものに書き込むことによって、「これなにダビングしたやつだっけ??」ということにならないようにした。

こまめにラベリングする必要があるが、そんな余裕がない時は、紙を挟んで後でわかるようにしている。サボると自分が大変なので、月一くらいでラベル作りをするのが目標。

 

 

その2、円盤の省スペース化を考える

ついにタワレコさんでこれを買いました。

f:id:mari52smaV:20180630094832j:image

増え続ける円盤、「いつか手放す時が来るのか??」と考えた時に、「もう今更手放すこともないな」という結論に至った。手放す時が来るならば、ケースから帯から全て綺麗に保管していくのが1番だが、まだまだ増え続けるであろう円盤のことを考えると、今後も売らないであろう私にとっては、省スペース化に勝るものはなかったのである。V6とSMAPに関しては、今後担降りする予定はないし、その時に売れるものでもないと思っているので、思い切ってケースを移し替えることにした。

 

KOKUYOさんから出ているメディアパスと、このタワレコさんから出てるスマートケースの2択でものすごく迷ったのだが、様々なレビューを読み、大差ないことが分かったので、「同じもので統一したい」という理由で、タワレコさんのスマートケースに決定。(以下リンクに詳細あり)

MEDIA PASS[メディアパス] -コクヨ ステーショナリー

CDを圧縮収納!保管スペースが1/4になるタワレコスマートケース(CD/DVD/ブルーレイ) - TOWER RECORDS ONLINE

 

いきなりV6に手をつけると大変なので、まずは映画コーナーから。

これが

f:id:mari52smaV:20180630095051j:image

こうなる。

f:id:mari52smaV:20180630102008j:image

横にCDが置けるようになった。CDも入れ替えればより余裕が生まれるであろう。

これが

f:id:mari52smaV:20180630100502j:image

こうなる

f:id:mari52smaV:20180630100509j:image

 

2枚組だとこんな感じ。

f:id:mari52smaV:20180630101751j:imagef:id:mari52smaV:20180630101803j:image

 

3枚組のDVDや、デジパック仕様、ドラマや映画のDVDBOX、Blu-rayBOX、Blu-rayはそのまま取って置き、あとはすべてタワレコさんのスマートケース時間を見つけてコツコツと移行したい(CDが絶対時間がかかる。)。完全に移行したら、多分棚が半分くらい空くはず、、。

 

映画のDVDだけ移した感想としては、円盤を取り出しやすくなったのはとても良い点。(真ん中押すのが苦手な人)まぁ若干の探しづらさと、レビューにもあったようにCDの2枚組だとジャケットがほぼ見えないという若干難点はあるが、省スペース化という面では100点満点である。

まぁ、迷ったらケースだけダンボールに入れとくとかすれば、なんかあった時はまた戻せるので良いかと。

 

私の場合は、扉付きの収納棚のおかげでケースが日光に当たることがないので、日焼けによる劣化はなさそう。でも、プラスチックケースに比べてそこの強度はどうしても落ちると思うので、自分の部屋の円盤置き場に応じて考えた方が良いかもしれない。あと怖いのは、ホコリ。CDに関しては、PCに取り込んでいて本当に保管のみになるなら、透明OPP袋にスマートケースを入れるのも一つの手かもしれない。手間は増えるけども。

 

ヲタクたるもの、常にスペースとの戦いだなぁと痛感していたが、また首の皮が繋がったので、万事休す。ダビングした円盤もここに収納できそうで良かった。

スペースに困ってるみなさん、勇気がいる決断ではありますが、スッキリするのでオススメです!

 

 

 

 

 

 

 

 

滝沢歌舞伎に初めて行って来た話

2018年4月15日、初めて滝沢歌舞伎に馳せ参じてきました。今更ですが下書き供養で載せます←

f:id:mari52smaV:20180627233449j:image

色んなことを考えている間にFC枠の申し込み期間が過ぎ、FC枠で申し込まずにクレカ枠で行くという荒業に出た訳ですが、お弁当付きのA席はとても良かったです。A席限定のお弁当もついてお値段据え置き6500円!しかも1日10席程度(私が行った日はお弁当が10個だった。)なかなかのプレミア感。

f:id:mari52smaV:20180419000721j:image

 

ステフォはまだ出てなくて、なにか記念に、、と手ぬぐいを買いました。

f:id:mari52smaV:20180627232945j:image

 

 

いや、すごいとは聞いてたし、2016年も2017年も立て続けに外し続けてて、念願の滝沢歌舞伎だったわけですが。「ジャニーズのエンタメ」って感じが凄くてですね。これは完全に、強火坂本担PLAYZONE信者である私の色眼鏡かもしれませんが。所々に感じるPLAYZONE要素というか。見せる(魅せる)演出がすごいし、映像とか、仕掛けとか、そういうのがすごいのよ。

 

今回はこの一回にかけていたので、双眼鏡フル装備でずっと三宅さんをメインで追い続けてたんですが、みなさんの捌ける時の素早さとステージ転換の速さにただただ圧倒されました。

歌あり、トークあり、ダンスあり、歌舞伎あり。セグウェイには乗るは、フライングはするわ、舞台は回転するわ。ジャニーズエンターテインメントってすごいですよ本当に。

 

私が見た日は、鼠小僧次郎吉の幕で、健くんのホースからの水の出が悪くてですね、めっちゃのぞき込んでて、顔に水かかったらどうしようかとヒヤヒヤしてました。(なんの親心)

何はともあれ、本当に充実した時間でした。

 

後、Jr.の皆様の舞台にかける情熱もひしひしと感じました。Jr.担と呼ばれる方々がこれほどにも熱意を持って現場に足を運ぶ理由が少しわかった気がします。

自分に与えられた役回りを一生懸命にこなし、主役を食うわけでもなく、あくまでもバックとして支える献身的な姿と、自分たちがメインの時のギラギラ感。何年もJr.をやっている彼らだからこそ、できる技だと感じました。

 

自担以外のものは極力買わないと決めているんですが、Ken☆TuckyのCDは全形態予約したので、発売日が楽しみです。

 

個人的にも、浮世艶姿桜と蒼き日々が生で聴けたのと、MASKダンスがカッコ良すぎて、大満足な1日でした!衣装もかっこよくて、、、。セグウェイの演出も噂には聞いていたけど、生で見ると圧巻でした。

 

御園座もあと5公演。健くん、滝沢くん、Jr.の皆様、最後まで怪我なく舞台が終えれますように!

 

アイドル結婚論

ぷらいべったーに載せてたものの、加筆修正版。

アイドルの結婚に関する自論。賛同してほしいわけではない。否定もあると思う。『だって人間だもの。』(相田みつを)

結婚した人達を許さないとかそういう話じゃなくて、私のモヤモヤした心情の話。

 

 

○はじめに

ついに、推しがいるグループの4/6が結婚した。これは紛れもない事実だ。

結婚報道が出る度に、「独身貴族を貫きそうな坂本くんに担降りします!」とか「坂本くんはまだ結婚しないのかなぁ?!」とか「坂本くん大丈夫??」みたいな話をするのは勘弁していただきたい。毎回『ちょっと黙って??』ってなる。ほっといてくれ。ネタの引き合いに出すな。

話を元戻して最初に未婚の2人の話をすると、‪坂本くんは最後まで結婚しなさそう。と思う反面、もはや「実は事実婚状態の彼女がいます。」とか言われても、なんかもう驚かない気がする私。‬多分ないけど。

健くんは「40までは結婚しない」って言ってるから、40過ぎたらするんじゃないかな。わかんないけど。でもあれだけ色んなことに雑誌で答えてて、「結婚します」も割とハードモードな気もするし。

先のことは分からないけど、25周年までにみんな結婚しそうだよなぁ。とは少し思ってる。

 

 

○アイドルは結婚してはいけないのか

私は、推しに結婚して欲しくないわけではないけど、したらしたで寂しい気持ちにはなるだろうなって思ってる。
ここまで「結婚しないアイドル坂本昌行」を貫いてきた彼だから、結婚する時は、「アイドルをやめる時」だと私は勝手に思っている。(ただの憶測だけど)

素直におめでとうって言えんのかなぁ。すぐには言えない気がするなぁ。相手次第かなぁ。(何様って感じだけど)

2次元のキャラじゃないから、熱愛報道もでるし、結婚もする。それはわかった上で応援してる。だって、めちゃくちゃ魅力的な人達だもの。だから芸能界でアイドルとして活躍してるんだと思うし。でも、彼らがライブやテレビで放つ甘い言葉が、結婚したことにより、一気に薄っぺらく感じてしまうのもまた事実。そもそもリップサービスだってのも分かってるけど、夢見に来てる時に現実がチラつくのはしんどい。

別に、彼女になれるなんて思ってないし、お近づきになれるなんて思ってない。こっちが勝手に好きで応援してるんだってのも分かってる。

でも、ファンサだったり発言が、ただの台詞みたいになるのはなんか違う気もする。まぁ、そもそも既婚組が「愛してるよー」なんてファンサをしてた記憶もあんまりないけど(ないのかよ)、彼らがファンに向けて発する言葉は勘違いしちゃうくらい優しいし、アイドルなの。「みんな俺の彼女ー」(cv.坂本昌行)とか言っちゃうから。まぁ、「そもそもファンサに何求めてんだ、あんなのリップサービスだろ」ってなるんだけど。結論やっぱり、アイドル足るもの夢売る商売なんだから、いきなり現実をチラつかされるのは私が受け付けないだけなのかもしれない。

むしろそれなら、結婚を視野に入れ始めた頃から「お前らは俺にとって家賃だから!光熱費だから!携帯代だから!みんなが金の源だから!!」(cv.中居正広)くらいのことを言っててほしい。

話を戻すが、だからこそ、往年の男性アイドルが早い段階にアイドルの引退を選んできたんだと思う。でも、近年はデビューする年齢も遅い上に、長い期間活動をしてくれている。そこがそもそも変わってきた。

48系のグループが恋愛禁止なことに対し、なんでジャニはそれほど言われないのだろうか。それは彼らが男だから、結婚してもアイドル業で仕事をして稼ぐことを当たり前と見られているからなのだろうか。まぁ、そもそも48系は「解散」の概念がないから、個人の思いで抜けてくことが出来るんだけども。あの中で40過ぎてもアイドルを全うしてる女性は多分いないし、昔の女性アイドルもそうだと思う。それは何故なのか考えてみてほしい。今のご時世、男女問わず結婚してもずっとアイドルでいることが許されるか、許されないかって言ったら、圧倒的に後者が多いと思う。それは、やはり現実がチラつくのはアイドルとしては致命傷なのだろう。

 

 

○結婚と活動の縮小の関係性

担降り騒動とかがあるくらいだ。そりゃ離れてくファンもいるだろう。そして、ファンが減ることがどれくらい大変なことなのかを、きっとメンバーはわかってるはずだ。会社が総力上げて若手を売り出してる今、デビュー組は自力で仕事を取りにいかないと、 オファーだけではどんどん露出は減ると思う。

それこそ、自力で仕事のオーディション受けるとか、なんか自分の頑張ってることで仕事を繋いでいかないといけない。でも、個々の仕事ばかり増やしてもグループの活動は増えない。(増えてもドラマの主題歌くらいか。)

ある程度の集客率が見込めないと、ツアーもやらせてもらえないと思うし(若手の方がたくさん人が来るなら余計に)、売上が落ちれば円盤のリリース枚数だって減る。そういうもんだと思う。会社がYouTubeとか色んなものを使って、若手を売り出そうとしてる中で、会社のお金には限りがある。切るなら売れてない人達だってのは、それはどの会社でも同じで、アイドルだから特別扱いされる訳でもない。
それに、芸歴が上がるにつれてギャラも上がる。高いギャラ払って割に合わないなら、安いギャラで採算とれる方にするでしょ。

別に彼らが売れてないって言うわけじゃなくて。6人揃ったレギュラーもない、ライブも2年おき、シングルだって今度の9係ででるかどうか。不安は募る。「愛なんだ」の特番だって「学校へ行こう!」時代からの細々と繋ぎとめた仕事だし、今後は今回の視聴と反響次第だろう。

だから、私は一縷の望みをかけて、円盤買ったりCD買ったり、雑誌を買ったりして公式にお金を落とし続けるのだけど。少しでも長く推しがアイドルでグループのメンバーでいれるように。でも、アイドルであることを求めることが、彼らにとって負担になってるのではないか。と思うこともある。

だから正直、「グループでの活動が全く無いのにグループで居続けるか」「個人の活動にシフトするか」ってなった時に、彼らはどっちを選ぶんだろうか。ってのは最近よく考えるし、諸々そういうのを踏まえた上で、結婚のタイミングとかを決めるんだと思う。ってなると、そろそろ後輩に座を譲ろうかな??って話が少なからず出てるのかなぁって勘ぐってしまう。

ジャニのグループと他と違うところは、「アイドルであること。」と「若手が控えてること。」だ。彼らが仮に、エイベさん所属のアーティストであれば、こんなことは考えない。でも、彼らはあの会社でグループでいる以上は、良くも悪くもアイドルなのだ。

ジャニの若手が結婚に踏み込まないのは、結婚した時のリスク(ファン離れ、売上の低下etc)を考えた時に、まだビビる自分がいるからだと思うの。

(昔中居くんが司会の「中居のかけ算」で、城島くんと坂本くんと中居くんの対談で結婚の話になった時に。「自分に自信が無い。仕事面で見ても、、、」って言ってた坂本くんを思い出すのだけど。)

でもそれが、ファンといろんな関係性を築いてきて、キャリアも積んで来て自信を持って、その上で結婚するってのを決めるのは、それなりの覚悟を持って決めてるんだと思うし、その判断を否定するつもりは無い。

でも、ファンだってみんな同じ方向を向いてるわけじゃないから、離れてるファンもいれば、ずっと応援してくれるファンもいるとは思う。その二極化は仕方がないことだし、否定することでもないとおもうのよね。

 

○アイドルのファンを続けるための覚悟
個人的には、ある程度腹をくくって決めてくれたなら、それは応援したい気持ちはある。すぐに切り替えてってのは難しいかもだけど。

そうやって考えると、これから先も彼らを応援していくためには、ある程度の最悪の未来を想定して生きていくしかないのかな。そうすれば、最後の最後が来た時に、快く送り出してあげることができるのだろうか。。
「アイドルは虚像だから、いつかは解散するし、いなくなってしまう」ってどこかで割り切るしかないのかな。

35過ぎたらどのグループもマジで覚悟を決めた方が、のちのちの自分が楽だと思う。これだけ言ってても、私は坂本くんが結婚したら、感情が行方不明になるとは思うし。

正直、彼らに関しては、25周年がターニングポイントたと思う。私のもう1人の推しが超えられなかったグループ25周年の壁は(この話すると、またかよって思う人も多いと思うけど。)、みんなが思ってる以上にハードルが高いものだと、私は感じてる。だからこそ、ここ数年の連続での結婚報道ほど怖いものはないし、毎回びくびくしてる。

だってもう1人の推しは、他のメンバーが結婚したわけでも、アイドル活動になんか変な空気が流れてた訳でもないのに、25周年迎えられなかったんだから。(一緒にすんなって言われるとそれまでだけど。これば個人的な主観です。)

「メンバーが仲良いから解散しない」なんていうことは無い。これは断言する。終わりは唐突に訪れる。そして、こちらの力ではどうにも出来ないから。ただただ受け入れるしかない。

それに「解散しなかったからと言って今まで通りにグループの仕事があるとも限らない」。

正直ONESコンの初回Aのドキュメントで彼らが話した言葉が、私の中で結構きてる。私が荒んだ解釈をしてるだけかもだけど。(ネタバレになるから内容は控えるけど)

結婚するなとは言わない。みんな年齢も年齢だし、それぞれ幸せになってほしいとも思う。(もちろん、結婚が幸せの全てだとは思ってないし、仮に結婚したとしてもアイドル活動に徹するなら私生活は見せないのが吉だとは思うけど)
でも、もし最悪の事態をやそれに類するものを視野に入れてるなら、その発端がなんであれ、そろそろ個人の発言じゃなくて、グループの方針を示して欲しい。いきなり目の前から大好きなグループが消えるのは、もう体験したくない。あの思いは1度で十分だ。

また逆に、6人全員結婚しても既婚者アイドルとして続ける気でいるなら、その思いをちゃんと発信してほしい。それだけで、少しは安心できるから。一層のこと、「みんな認めてくれるなら全員がパパになってもアイドルやるよ?」とかでもいいよ。(それを会社が認めてくれるかは分からないけども)

 

 

○最後に
もちろん、結婚は「おめでたい」と思ってるし、祝福の気持ちを持ってます。
結婚された皆様、おめでとうございます。末永くお幸せに。

今までいろんなことを我慢しきたと思うし、貴方たちが幸せならそれで良いです。貴方たちのことが嫌いな訳では無い。アイドルであろうがなかろうがV6のことは大好きだし、だからこそこのままでいて欲しい気持ちが強くなってしまう。

もちろん、結婚が全ての元凶に繋がると思ってるわけではないけど、ただ今は、ここ数年の連続した結婚報告に、不安な気持ちの方が優ってしまうことを、許して欲しい。