読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

This is Love-きっとここから愛なんだ-

SMAPとV6が好きな社会人の備忘録

SMAP沼と木村拓哉沼

SMAP

今日は、私がジャニヲタに片足を突っ込んだ最初の話を。

だから需要はないけど備忘(以下略

 

SMAPを好きになったきっかけ

そう、あれは2000年。世間でビューティフルライフが流行っていた頃。ドラマを見てしまったのが始まり。当時小学生の私には死とか命とか重たいテーマだったろうに。小学生だから杏子に感情移入しちゃって、沖島柊二のこと最初大ッ嫌いだった私。で、ドラマの回が進むにつれどんどん好きになるという。笑 (当時、夜空ノムコウ歌ってる人と全く別人だと思っていた笑)

 

完全に沼落ちしたのはHERO

この、絶対的エース感。HEROはね、みんな見てた。その後に続けてスマスマを見たかったのに、我が家のルールは22:00就寝。毎週録画して翌日見てました。当時のスマスマ超覚えてる。

そしてそして、友達のお姉さんがSMAPが好きで、ドリスマのDVDを見せてもらい一気に沼落ち。小学生お金なくて、CDとか全部レンタルしてMDとかに焼いたりして。(MDって響きやばいね)

 

初ライブまでの道のり

その後、プライドがチャリ圏内で撮影されてて、行きたい気持ち山々なのを親に止められ← MIJ、sampleと親の許可が降りず参戦できず、友達にグッズを買ってきてもらう。そして、台風の日産スタジアムでの、とびマスツアー。FC入れず親にも許してもらえず、頼み込んでグッズだけ買いに行く。初めて買ったポスターはとびマスツアーの集合ポスター。今も大事に貼ってあります笑

そして、2007年。高校生になり親の許可を得て念願のFC入会。だがしかし、ここで、ライブが2年に一度に。2008年念願だったスパモダライブは部活の大会に被って行けず。大号泣。(会費を払ったのに全く恩恵を受けない3年間)そして、ウィアスマ!念願の初ライブ。大学生になって、初めて生のSMAPを見る。長かったなぁここまで。

 

夢の大学生、番協ライフ

大学生って素晴らしい。自分で授業の調整ができるじゃないか!スマスマ、さんまSMAP、手当り次第応募して行ってました。ライブは、翌年のファンミは外れたらし、北京なんて海外いけないしで散々でしたが、番協はちょくちょく応募してました。ドラマ、バラエティー全部見て、多分一番ヲタ活してた大学生。

 

平和なSMAP

歌がとか、いや今来てるのは嵐だから!SMAPとかおっさんじゃん!?と言われ続けた中高時代。周りにスマヲタも少なかったり。でも、みんなスマスマとか、サタスマとかうたばんとか見てたし、SMAPの歌って、みんな知ってたんだよね。夜空ノムコウ、らいおんハート、世界に一つだけの花。。。お昼の放送ではSMAPの歌が流れ、体育祭でも流れ。やっぱり国民的アイドルなんだなぁと改めて今思ったりします。SMAP兄さんも年上のすぎて、同担拒否とか本気愛に出会ったことがなく(まぁ沼落ちした時には木村拓哉さんは結婚してましたし。)平和なヲタ活してました。もうちょい自分の年齢が高かったら平和じゃなかったかも知れませんが、、、

 

解散報道を経て

そんな、私の平和なスマヲタライフを一気に煽ってきた2016年の解散報道。ぶっちゃけ、ずっと信じてなくて←いつものことだろーとか思ってたら、只事じゃなくて。あらまぁ。

ここで知るわけです。ずっと続くのが当たり前ではないという事を。「SMAP解散しないで!」というハガキを出す運動に参加して、初めてFC宛に要望ハガキを出しました。これ、一回出すとさ、今まで何渋ってたんだろうって思うわけよ。SMAPみたいに他グループにも、こんな活動して欲しい!とか、これ見て面白かったので次回作もぜひ!とか書けばよかったって。

そこから私のハガキ職人への道がスタート。SMAPのみならず、V6にもちょいちょいハガキを出してます。私が出すのはクレームじゃなくて、「〇〇良かったです!」とか「〇〇楽しみにしてるので是非!」とかそんな感じのヤツ。

 

SMAP木村拓哉が好き

もちろん、ドラマとか映画で大活躍してる木村くん大好きです。でも、スマスマのときが一番好きなんだよなぁ。メンバーとわちゃわちゃ話をしている木村拓哉が好き。ライブで、テンションマックスになってる木村くんが好き。っていうのが私が木村拓哉沼に落ちた理由。

そうやって思うと、SMAPっていうグループはすごいなぁって。プロフェッショナルなんだけど、気取ってるわけじゃなく、歌がアレとか、ダンスがアレとか言われてますが、そういう完璧過ぎないところも好きだったりして。(私は別に下手だとは思ってないけども)

だから、今年のライブでオリスマに合わせて「解散だけは絶対しないよー♪」って歌ってくれる日を待っていようと思います。