読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

This is Love-きっとここから愛なんだ-

SMAPとV6が好きな社会人の備忘録

UOMOの連載を読んだ感想 ※ネタバレ有

木村くんのUOMOの連載は、写真もとても好きだし、毎月楽しみにしている。開放区みたいに本になるといいなー。

 

 さて、私があのホンネを語った連載を読んだ感想を少し。

 

「これまでI amじゃなくて、We areでずっとやってきた」「そういう人たちに向けてしっかりコミュニケーションがとれないまま半端な形で終わってしまうことが本当に無念」って言葉が彼の言いたいことの全てなのかなぁって。

 

SMAPっていうグループでいることを本当に誇りに思ってくれていた人だから。私はやっぱりSMAP木村拓哉の姿をずっと応援していたい。ってのが私の根底にずっとある。

 

解散するっていうことについて、SMAPとしての自分たちの言葉で色々言えないもどかしさがあるんだろうなぁって思ったし、『メンバー同士のコミュニケーション不足』というより、『会社とのコミュニケーション不足』もあったのかなぁって。

 

『自分たちができない代わりにレコード会社のスタッフがファン投票によるベストアルバムを作ろうと動いてくれてる話を嬉しく思う』ってことも、25年っていう大きな節目になにかしたいって、やっぱり思ってくれてたんだなぁって。

 

『解散するからって今までの思い出や記憶がなくなるわけではないから、これから先も関係性は続いていくという意味で、過去形ではない純粋なありがとうを伝えたい』ってのも、ファンとかスタッフさんのみならず、メンバーとの関係もそうだと思うんだよね。

SMAPSMAPでいる28年間ってものすごい期間だと思うし、そんな一瞬で消えるような絆でもないと思う。

 

解散撤回!ってのが一番嬉しいけど、大人の事情で今すぐにってのが難しいなら、再結成してくれる日を待ち続けるしかないのかなぁ。

 

他のメンバーが何も語らないっていうより、木村くんは解散反対派という立場側にいるから、ホンネとして語れるのかなぁと思ったり。だからこそ、こんな中で自分の言葉で連載にその話をしてくれた木村くんに、ありがとうってものすごく思う。

 

でも、私は他の4人が解散要望派っていうのが、やっぱりしっくりこないんだ。出てる報道と真逆のことは言わせて貰えなくて、嘘しか言えないなら黙ってるっていう気持ちはなんかわかる気がする。

本当のところはわからないけど。中居くんが金スマベッキーと話をしてた時に、「嘘になるなら話さなくていい」って言ってたのもあるし。そういうスタンスの人たちだと思うんだよね。

 

本当にメンバーが不仲で解散するのなら、自分たちの曲は必要以上にかけないと思うし。(TVとかはスタッフさんのさじ加減もあると思うけど、ラジオは本人が嫌ならストップかけれると思うし)

 

方向性の違いならそういう発表をすればいい。28年駆け抜けてくれたんだ、いろんなことあると思うし、あったと思う。                                      

でもSMAP5人揃ってとか、それぞれでも全員からそういう話がないってことは、本当はみんな解散したくないんじゃないのかなって私は思っちゃう。

 

あと2ヵ月。なんかメンバーから揃って言ってくれることってあるのかなぁ。

27時間テレビの解散ドラマなら作戦会議中かな?とか考えながら、みんな揃ってファンの前で何かアクションがあることをまだ私は望んでしまう。

 

あと2ヵ月、なにができるんだろ。

好きだよ!大好きだよ!解散したら寂しいよ!ってがむしゃらに伝え続けるしかないのかな。だから私はハガキ職人とお花摘みをまだまだ続けます( 'ω')و ̑