This is Love-きっとここから愛なんだ-

SMAPとV6が好きな社会人の備忘録

今回のチケット販売規約改正に対して思うこと(個人的な意見)

チケット販売規約に関する、否定的な意見を見ていると、ちょっと一回現行の規約読み直してこい!って言いたくなってしまうのですが。辛辣な言葉になってしまっていたらすみません。先に謝っておきます。

 

そもそも複数名義や名義貸与って規約違反ですから――!!!

このチケット販売規約が改正される前から「転売禁止や、正規ルート外からの購入禁止のお願い」はコン事務サイドから出ていたわけで、複数名義の禁止は前々から規約に書かれていた。何でもかんでも「どっかのファンが文句言ったせいで、、」みたいに言うのはお門違いである。

それに、「複数回申し込み可能」と書かれている公演に関しては、重複申し込みをしなければ、複数公演申し込むことはなんの規約違反でもないし、当たらないなんて事務所は一言も言っていないのである。(実際に当たるかは別)それに、「一人でも多くのチケット購入者の方にコンサート及び舞台を見ていただくことを目的としたもの」という文面はわたし確認できる最古の平成17年の規約から存在されている。(それより前の話は知らないけど、規約変わってんだから前の規約では書いてなかった!とか、名義たくさん作らせたのは事務所じゃん!みたいな話は通らないと思うよ)。そもそも現行の規約の時点で名義を増やして、同行とかじゃなくて、がっつり名義借用で複数回参戦するのは、事務所の本来のチケット販売規約に反している。それを勘違いしてはいけない。

複数名義での多ステは現時点で規約違反なんだよ。複数名義の方々が複数名義を辞める/使わなければ 一名義で複数回当たるかもしれないのに、勝手にルール破って使い続けて首を絞めてるのは自分たちだということに早く気づいて欲しい。

複数名義はグレーだって決めてたのはファンの都合のいい解釈であって、規約上事務所は認めてなかったってだけ

 

もし、自分たちの複数名義は正当だと思われる方は、「不服申し立て」すれば良いかと。新規約ではそれも認めておりますので。家族の名義で申し込んでいる人は、本当に代表者として申し込んだ家族がライブに参加できているのであろうか。もちろん、きちんとルールを守っていらっしゃる方も存在するとは思うけど、そういう人からは今回の規約改定への文句は出ないと思うんですよ。真っ先に複数名義に関する文句が出るのは、グレーゾーンをすり抜けて来た方だけだと思うのです。赤信号みんなで渡れば怖くない的な。) 

 

そもそも、「昔は複数名義が当たり前だった」 というご意見を持たれている方は、昔の法律では許されていたけど、今の法律ではだめになってしまった物に関して、「昔はよかったのに」という考えが通用すると思っていらっしゃるのだろうか。今までは、規約が改正されても通知もなにもなかったため、「知らなかった」と言うこともできたかもしれないが、今回の規約改正の通知により、そんなことは通用しないかと。

 

私もFCチケットを定価譲渡して頂いた経験はあるので、今回の定価譲渡もNGという規約への記載は、ついに来たかという感じですが、近年の高額転売の数を見ていると仕方ないのかなぁとも思います。「ルール破る人が多いなら、まずその名義を何とかするところからですよねー」と。その裁きを受ける範囲が高額転売をしていない人へも及んでしまっている根源は、複数名義の使用・名義貸与・高額転売の増加だってことです(むしろ、高額を積んで何公演も入ったりしてきた方や、複数名義使ってる方は、全力でマナー守ってきたファンに謝った方がいいと思います。)

複数名義をある程度消滅させてからの公式譲渡制度の確立の予定なのかなぁと。(勝手な予想ですが)。

 

新しい規約は6月1日改定だから!それより前に申し込んだ案件は現行の規約だから! 

それに、このチケット販売規約の改定は6月1日付。つまり、それより前に申込期間を終えているグループのライブに関しては、まだ施行されていないことになる。つまり、第一弾はV6のコンサートなのかなぁと思っている。(申込6月2日からだし)それより前に申し込んだものに関しては、個々のグループごとに申し込みの際に詳しいことが書かれたお知らせが来ているはずだから、それを熟読してくれ。同行者の名前を書く欄がなければ同行者の確認はないし、記入欄はないけど同行者を決めておいてくださいと言われている場合は、会場で初めて会う場合でもフルネームと電話番号くらいは事前に交換しておけばよくない?って思ってしまうわけです。

 

今回の改定でも、全てのチケットで同行者の記名を求めるなんて一言も書いていないし、一応同行という抜け道は残してくれているだけでも感謝したらいいと思う。代表者の分は譲渡できないけど、同行の分は譲渡できるケースはきちんと残されているじゃないか。

決められたルールで全員が申し込めば有効会員数が減少して、一名義での多ステが可能になるかもしれない。こちらがキチンとルールを守れた状態になって、初めて定価譲渡の制度を考えてもらえるくらいの気持ちでいたらいいと思うのよ。もちろん冠婚葬祭とか、急な仕事とかいろんな事情があるから、定価譲渡の制度は、早急に考えてほしい案件ではあるけれども。徐々に徐々にかなぁと。

 

 

「今までグレーでバレなきゃよかったのに、余計なことを、、。」って意見を正当化する方をたくさん見かけすぎてちょっとイライラしてしました。反省。

 

まぁ、どちらにせよ、きちんと規約を守っている人にとっては万々歳な改訂内容だと思っている次第です。