This is Love-きっとここから愛なんだ-

SMAPとV6が好きな社会人の備忘録

滝沢歌舞伎に初めて行って来た話

2018年4月15日、初めて滝沢歌舞伎に馳せ参じてきました。今更ですが下書き供養で載せます←

f:id:mari52smaV:20180627233449j:image

色んなことを考えている間にFC枠の申し込み期間が過ぎ、FC枠で申し込まずにクレカ枠で行くという荒業に出た訳ですが、お弁当付きのA席はとても良かったです。A席限定のお弁当もついてお値段据え置き6500円!しかも1日10席程度(私が行った日はお弁当が10個だった。)なかなかのプレミア感。

f:id:mari52smaV:20180419000721j:image

 

ステフォはまだ出てなくて、なにか記念に、、と手ぬぐいを買いました。

f:id:mari52smaV:20180627232945j:image

 

 

いや、すごいとは聞いてたし、2016年も2017年も立て続けに外し続けてて、念願の滝沢歌舞伎だったわけですが。「ジャニーズのエンタメ」って感じが凄くてですね。これは完全に、強火坂本担PLAYZONE信者である私の色眼鏡かもしれませんが。所々に感じるPLAYZONE要素というか。見せる(魅せる)演出がすごいし、映像とか、仕掛けとか、そういうのがすごいのよ。

 

今回はこの一回にかけていたので、双眼鏡フル装備でずっと三宅さんをメインで追い続けてたんですが、みなさんの捌ける時の素早さとステージ転換の速さにただただ圧倒されました。

歌あり、トークあり、ダンスあり、歌舞伎あり。セグウェイには乗るは、フライングはするわ、舞台は回転するわ。ジャニーズエンターテインメントってすごいですよ本当に。

 

私が見た日は、鼠小僧次郎吉の幕で、健くんのホースからの水の出が悪くてですね、めっちゃのぞき込んでて、顔に水かかったらどうしようかとヒヤヒヤしてました。(なんの親心)

何はともあれ、本当に充実した時間でした。

 

後、Jr.の皆様の舞台にかける情熱もひしひしと感じました。Jr.担と呼ばれる方々がこれほどにも熱意を持って現場に足を運ぶ理由が少しわかった気がします。

自分に与えられた役回りを一生懸命にこなし、主役を食うわけでもなく、あくまでもバックとして支える献身的な姿と、自分たちがメインの時のギラギラ感。何年もJr.をやっている彼らだからこそ、できる技だと感じました。

 

自担以外のものは極力買わないと決めているんですが、Ken☆TuckyのCDは全形態予約したので、発売日が楽しみです。

 

個人的にも、浮世艶姿桜と蒼き日々が生で聴けたのと、MASKダンスがカッコ良すぎて、大満足な1日でした!衣装もかっこよくて、、、。セグウェイの演出も噂には聞いていたけど、生で見ると圧巻でした。

 

御園座もあと5公演。健くん、滝沢くん、Jr.の皆様、最後まで怪我なく舞台が終えれますように!